ここから本文です

女優でタレントの渡辺めぐみは、フジテレビ系「笑っていいとも!」で、いいとも婦人隊"よめきんトリオ"の1人として活躍していた。しかし、結成当初のよめきんトリオは、大の仲良し......とはいかない雰囲気だったようだ。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 女優でタレントの渡辺めぐみ)


53歳美魔女の美ボディビキニ姿に衝撃>>


■"女優"と"アイドル"が打ち解けるまでの秘話

バラドルの先駆けとしても知られる渡辺は、フジテレビ系「俺たちひょうきん族」や、同局系「笑っていいとも!」に出演していた経歴を持つ。

「『俺たちひょうきん族』のディレクターが『笑っていいとも!』を作ったので、その流れで出演していたんです。『笑っていいとも!』はレギュラーを2年間務めさせていただきました。一度、収録が終わったタモリさんが私を見かけたことがあるそうで、『脚のキレイな女が歩いていると思ったら、おまえだったよ』と笑い話をしてくれたことがありました」

花の82年組アイドルの当時の恋愛事情>>


また、「笑っていいとも!」では松金よね子、KINYAと一緒に、いいとも婦人隊"よめきんトリオ"を組んでいた渡辺。トリオ結成のきっかけは、偶然のことだったという。

「よめきんトリオは、タモリさん、KINYAさん、私が審査員を務めるコーナー『美少年コンテスト』がきっかけで生まれました。たまたま司会の桂文珍さんがお休みの週があって、司会をタモリさん、審査員をよね子さんにチェンジしたところ、私たち3人のバランスがいいと反響があったんです」

しかし、結成当初は年齢や肩書が違うこともあって、すぐに打ち解けたわけではないようだ。

「よね子さんは女優という職業に誇りを持った方でした。だから、アイドルである私に対して、あまりいい印象を抱いてなかったようで。私は私で、よね子さんが女優であることを意識しすぎていて、何を話していいかわかりませんでした。でも、一緒にいる時間が長くなるにつれて、よね子さんが私のことを、アイドルという肩書以外の部分で評価してくれるようになったんです。今でもお食事に行ったり、お付き合いは続いています」

■アイドル時代、恋愛もマネージャー同席?

1982年デビューのアイドルたちは「花の82年組」と呼ばれているが、渡辺もその1人。当時からみんな仲が良くクラスメイトのような感覚で、今でも連絡を密に取り合っているという。

「今もLINEでやり取りしていて、食事に行ったりします。早見優ちゃんとは2人だけで会うこともあれば、82年組は横につながっているので、堀ちえみちゃんや元シブがき隊の布川敏和くん、松本伊代ちゃんなどにも声をかけて、年に1回ほど集まっています。82年組は子だくさんで、そろそろ子育ても一段落つく頃。旅行とかにも行ってみたいです」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 女優でタレントの渡辺めぐみ)


今でこそ互いに連絡を取り合って自由に会えているが、アイドル時代は必ずマネージャーがそばについていた。

「当時のアイドルは、必ずマネージャーがそばにいました。1人で動けず、番組の打ち上げもマネージャーと最初の方に顔を出すだけでした。同期と遊びに行くにも、お互いのマネージャーがついてきたり......。でも、芸能界で好きな人ができたときにマネージャーも協力してくれたという話は聞いたことがあります。マネージャー同士で連携して、会う場を設けてくれたそうです」

80年代のアイドルは超多忙だったとよく聞くが、実際はどのくらい忙しかったのだろうか?

「年間に休みが2日間くらいしかありませんでした。当時の歌番組は、『花の82年組』でも番組ができるような時代だったかもしれません。マネージャーが朝迎えに来てから、テレビ局など仕事場を回って、終わったら家まで送ってもらって、という毎日でした。1日のうちに局から局へ移動しても、メンツがほとんど変わらない。まるで学校の移動教室のような感覚でした」

■ボディビルの大会で見事3位!

筋トレが三日坊主になりやすい理由>>


その他の出演番組>>

・53歳美魔女の美肌の秘訣とは?
・アスリートやタレントが若々しい理由
・ひょうきん族のギャグが生まれた場所
・かつての共演者から見た現在の片岡鶴太郎


現在は芸能活動をする傍ら、ボディメイクにも励んでいる渡辺は、9月に出場したアスリート団体「NPCJ」のボディビルの大会でビキニエリートランクに出場。見事3位を獲得した。そもそもなぜ筋トレを始めたのか?

「50歳を迎えるにあたり、毎年ハワイに行った際に、思い出作りも兼ねてカメラマンの友人に撮ってもらうことにしたんです。でも今年撮影した写真を見たら、前回からあまりにも体形が崩れていてショックでした......。そこで、健康寿命(健康に問題なく日常生活を送れる期間のこと)の長い、医療費のかからない体作りを目指して、筋トレを始めました。目標があれば続くと思ったので、大会に出ることにしたんです」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 女優でタレントの渡辺めぐみ)


今後の目標は、自分と同年代の人々に向けて健康のアドバイスをしていくことだ。

「11月に世界大会があって、今はそこに向けて体を絞っています。でも目的はあくまで健康寿命。筋肉をつければ、つまずいて転んで寝たきりになってしまう可能性も減ります。今後は健康へのアドバイスをしていきたくて、大会でいい結果を出せば、多くの方々に耳を傾けてもらえるかなと思いました。それから、35周年を迎えた芸能活動も頑張っていきたいです」

◆渡辺めぐみ

1964年1月24日生まれ、神奈川県横須賀市出身。1982年にデビューした「花の82年組」。アイドルとしてデビューした直後からフジテレビ系「俺たちひょうきん族」、同局系「笑っていいとも!」に出演し、バラドルの先駆け的存在となる。現在は女優やタレント、商品アドバイザーとして活動するほか、筋トレに励みボディビルの大会「NPCJ」のビキニエリートランクに出場。座右の銘は「初心を忘れるべからず」。

(取材・文/上西幸江@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ