ここから本文です


映画『探偵はBARにいる3』初日舞台挨拶が1日、丸の内TOEIで行われ、主演を務める大泉洋をはじめ、松田龍平、北川景子、前田敦子、鈴木砂羽、志尊淳、吉田照幸監督が登壇。大泉は松田とコンビを組んで3作目となるが「この男はたまにしゃべるだけで笑いになる......嫌いですよ」と松田の天然の面白さに嫉妬していた。映像配信サービス「GYAO!」では、『探偵はBARにいる』過去作を無料配信する。

サムネイル

映画『探偵はBARにいる3』(監督:吉田照幸)が12月1日に公開


大泉洋×松田龍平『探偵はBARにいる3』公開直前! 過去作1・2を「GYAO!」にて無料配信>>

【無料配信】「探偵はBARにいる」配信中>>


【無料配信】「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」配信中>>

本作は、東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を映画化した『探偵はBARにいる』シリーズの第3作。北海道の歓楽街ススキノで活動する探偵と、その助手を務める高田が事件を解決していく姿を映し出しているが、なんと言っても二人の息のあったコンビが作品の最大の魅力。しかも3作目ということで、お互いの素晴らしい点を語り合うことになったのだが......。

サムネイル
映画『探偵はBARにいる3』(監督:吉田照幸)が12月1日に公開

大泉は「この映画のなかで、私と松田龍平なら、ほんのちょっとだけ僕の方が面白い」と豪語すると「でも、私はパンツ一丁になったり捨て身で笑いをとっているのに、この男はたまにしゃべるだけで笑いになる。嫌いですよ」とまさかの批判!? 一方の松田も「大泉さんってすごくしゃべるし、楽しい雰囲気になるのですが、話している内容を聞くと、そんなに面白いことを言っているわけじゃないんですよね」と応戦。

サムネイル
映画『探偵はBARにいる3』(監督:吉田照幸)が12月1日に公開

しかし、大泉は続けて「でもね、笑いに対して、こんなに頼れる人はいません。この映画に参加してくれて幸せですよ」と松田に感謝の意を述べると、松田も「たいしたことを言っていなくても、テンションが上がるし、笑っちゃう。本当にムードメーカーで、僕も大泉さんみたいになりたいと思ってキャンペーンでトークするのですが、やっぱりうまくいかないんです。だから今日は(盛り上げるために、大泉のような)パーマをかけてこようと思ったのですが、形を変えても本人みたいにはなれないかなと思ってやめたんです。それぐらい影響を受ける存在なんです」と、最後は互いにリスペクトできる存在であることを明かしていた。

サムネイル
映画『探偵はBARにいる3』(監督:吉田照幸)が12月1日に公開

また大泉はこの日、Twitter上で実施された、映画館でのお願いごとを探偵に依頼するという企画で、静岡県駿東郡清水町にあるシネプラザサントムーンの「10~12時でシフトが足りないのでアルバイトをしてほしい」という依頼を受けることに。朝10時から制服に名札をつけ、パンフレット販売や劇場アナウンス、チケットもぎり、さらには制服姿で舞台挨拶を行うなど八面六臂の大活躍を見せた姿がスクリーンに映し出されたが、共演者の反応は微妙......。松田にいたっては「(大泉のレポート写真を見ている)この時間はなんの時間なんだろうなと思いました」と苦笑いを浮かべると、前田や北川も、「すごい」「私も行きたかった」とコメントしつつも、どうにも心がこもってない口調に、大泉は「何だよ! この温度差は!」と愚痴っていた。

『探偵はBARにいる』を12月6日まで、『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』を12月10日までの期間限定で「GYAO!」にて無料配信中。

【予告編映像】「探偵はBARにいる3」>>

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ