ここから本文です

漫才コンテスト「M-1グランプリ2017」。審査員の上沼恵美子は、前大会で低評価をつけたカミナリの評価を改めたようだ。喜びを隠せないカミナリだったが、上沼は衝撃の一言を言い放った。

サムネイル

【生配信中】優勝コンビ&ファイナリストらが全員集合するスペシャル番組!(12月3日24時まで)
(C) 2017 M-1 GRANDPRIX. All Rights Reserved.


【生配信】優勝コンビ&ファイナリストらが全員集合のスペシャル番組!(12月3日22時10分から24時まで)>>
【3回戦・準々決勝】全ネタを期間限定で配信中(12月3日23時59分まで)>>

二番手で登場したカミナリは、昨年同大会でインパクトを与えた"ドツキ漫才"を進化させて披露。618点と高得点を獲得した。
審査員・上沼恵美子は、前大会で「頭を強く叩きすぎて、引いちゃうお客さんがいる」という理由でカミナリに低評価を与えていた。今回も前回同様に頭を強く叩いたカミナリだけに、その評価に注目が集まった。

蓋を開けてみれば上沼は、カミナリの漫才に90点と高評価。昨年の81点から実に9点も上乗せして得点を与えた。上沼は「低評価について(カミナリと)同じ事務所のサンドウィッチマンに脅されていた」と冗談交じりに暴露。しかし、「そのことは関係なく、完成度が高かった」とカミナリの評価を改めるような発言をした。

カミナリの2人はこれに対して素直に喜んだものの、上沼は「でも、ドツキのところで笑いきてない。いらなかったんじゃない?」とカミナリの代名詞と呼ばれる"ドツキ"の部分に言及。カミナリのたくみは、「癖になっているのかな?」と"ドツキ"が癖になっていると説明した。

番組終了後、動画配信サイト「GYAO!」では、「M-1グランプリ2017」優勝者の記者会見を独占中継するほか、大会を終えたばかりのファイナリスト10組を迎えるトーク企画や優勝者への賞金1000万円贈呈式、をTwitterを通じてユーザーから質問を募る視聴者参加型企画も実施。司会は敗者復活戦でもMCを務める陣内智則が担当し、昨年度M-1チャンピオンの銀シャリ、一昨年度チャンピオントレンディエンジェルがゲスト出演する。

GYAO!「まだまだ終わらない!M-1グランプリ2017 世界最速ファイナリスト全員集合スペシャル~賞金1000万円贈呈式もあるよ~」は12月3日(日)22:10~24:00配信。

【生配信】優勝コンビ&ファイナリストらが全員集合のスペシャル番組!(12月3日22時10分から24時まで)>>

【3回戦・準々決勝】全ネタを期間限定で配信中(12月3日23時59分まで)>>

(文/@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ