ここから本文です

「M-1グランプリ2017」でファイナリストたちの間で大きな話題にあがった「笑神籤(えみくじ)」について、放送終了直後に行われたGYAO!配信の「まだまだ終わらない!M-1グランプリ2017 世界最速ファイナリスト全員集合スペシャル~賞金1000万円贈呈式もあるよ~」で参加芸人たちが率直な感想を語った。

サムネイル

【生配信中】優勝コンビ&ファイナリストらが全員集合するスペシャル番組!(12月3日24時まで)
(C) 2017 M-1 GRANDPRIX. All Rights Reserved.


【生配信中】優勝コンビ&ファイナリストらが全員集合するスペシャル番組!(12月3日24時まで)>>
【3回戦・準々決勝】全ネタを期間限定で配信中(12月3日23時59分まで)>>





 「笑神籤(えみくじ)」とは、生放送の最初に敗者復活コンビが発表され、10組そろった状況で、番組MCの今田耕司、上戸彩がくじを引き、出た芸人が順番にネタを披露するというもの。

司会の陣内智則は、過去に敗者復活のMCを務めていたこともあるが「これまでは最後の方に敗者復活がネタをやっていたので、順番的には有利かなと思っている部分はあったので、この仕組みはいいですよね」と語ると、昨年のM-1チャンピオンの銀シャリは「でもやるほうは結構酷ですよね。特にトップは」と、心の準備がなく挑むことへのプレイヤーにとっての重圧を鑑みる。

今年、敗者復活で決勝進出を果たしたスーパーマラドーナは「『なんで今年から笑神籤なんねん』って思ってはいましたが、でも(敗者復活が有利になるのは)申し訳ないなって気持ちもありました」と当事者としての意見を述べると、笑神籤でトップバッターとなったゆにばーすの川瀬名人は「本当は3~4番手が良かったのに......敗者復活のスーパーマラドーナが最初にやればよかったんだ!」と恨み節をぶつけていた。

どのコンビにも公平という意味では、良い仕組みだと思われるが、やはり心の準備なく最初に漫才を披露するというのは、芸人にとっては厳しいのかもしれない。

 今年の漫才順番と順位は以下の通り。1番手ゆにばーす⇒8位、2番手カミナリ⇒9位、3番手とろサーモン⇒3位・決勝進出1位、4番手スーパーマラドーナ⇒4位、5番手かまいたち⇒4位、6番手マヂカルラブリー⇒10位、7番手さや香⇒7位、8番手ミキ⇒2位・決勝進出3位、9番手和牛⇒1位・決勝進出2位、10番手ジャルジャル⇒6位

本番組は、「M-1グランプリ2017」優勝者の記者会見を独占中継するほか、大会を終えたばかりのファイナリスト10組を迎えるトーク企画や優勝者への賞金1000万円贈呈式、をTwitterを通じてユーザーから質問を募る視聴者参加型企画も実施。司会は敗者復活戦でもMCを務める陣内智則が担当し、昨年度M-1チャンピオンの銀シャリ、一昨年度チャンピオントレンディエンジェルがゲスト出演する。

※出演芸人:かまいたち/ゆにばーす/マヂカルラブリー/さや香/ミキ/とろサーモン/和牛/ジャルジャル/カミナリ/スーパーマラドーナ(敗者復活)

GYAO!「まだまだ終わらない!M-1グランプリ2017 世界最速ファイナリスト全員集合スペシャル~賞金1000万円贈呈式もあるよ~」は12月3日(日)22:10~24:00配信

【生配信】優勝コンビ&ファイナリストらが全員集合のスペシャル番組!(12月3日24時まで)>>

【3回戦・準々決勝】全ネタを期間限定で配信中(12月3日23時59分まで)>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ