ここから本文です

井上真央がスクールカウンセラーとして、男子生徒・圭吾(遠藤健慎)の自殺の謎を追う『明日の約束』。
実は同ドラマは、放送とウェブ配信との関係で、これまでにない相乗効果を創り出すべく新たな工夫がされている。本編の放送と、チェインストーリーと称するミニ動画のネット配信の関係である。

サムネイル

ドラマ「明日の約束」(カンテレ・フジテレビ系列)


【無料配信】各話テレビ放送終了直後から、本編を無料見逃し配信>>


【独占配信】本編に隠れた物語「チェインストーリー」>>

■ドラマの設定

ドラマのキャッチコピーは、「『この世でいちばん謎が残る死』が、私たちの明日を変えていく」。
連ドラ久々の主演となる井上真央が、スクールカウンセラー・藍沢日向を演ずる。「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに奮闘する役だ。実は日向自身、誰にも相談できない苦悩を抱えてきたために、この職業を選んだ経緯を持つ。"毒親"ともいえる過干渉な母親とのいびつな関係に悩みつつ育ち、今も同居生活が続いているのである。

舞台は日向が勤める高校。ある男子生徒が不可解な死を遂げた。はたして、誰が彼を死なせたのか......。
すぐに"犯人探し"が始まるが、彼が抱えていた"闇"が次々に明らかになり、原因究明をしようとする日向の前に立ちはだかる。学校での陰湿ないじめ・"毒親"による息子への過干渉・不穏な交友関係・教師たちの重い過去。関係する人々の心の闇が次々に明らかになり、人は理不尽の中でどう振る舞うべきか、深く考えさせる物語になっている。

■放送本編とチェインストーリー

チェインストーリーとは、放送と放送の間に配信される、いわば2話の放送をつなぐ(チェインする)物語だ。今回は1話放送後に、"テレビ放送では描かなかった物語"を、1.5話のミニドラマとして配信し、翌週の放送第2回につなげている。その後に2話放送、2.5話配信、3話放送、3.5話配信......とつながっていく仕掛けだ。

例えばドラマ初回のエンディングは圭吾の自殺だった。
これを受けたチェインストーリー(1.5話)は、「吉岡圭吾-最後の一日-」というタイトルで、自殺までの足取りを紹介した。自殺の謎を解く要因や布石がちりばめられているので、これを見ることで2話の理解を促進する。さらに直近の7話や、その後の展開にいくつもの布石が打たれている。
その後の放送第2回は、吉岡圭吾が死んだ直後の学校や周囲のリアクションを描いていた。それに続く2.5話では、「田所那美-彼女の明日-」というクラスメイトが主人公だった。圭吾と同様にいじめを受けていた女子生徒の物語で、圭吾と関わることで状況を大きく改善させていた。やはりドラマ本編では描かれなかった圭吾の人となりやエピソードが出てくるが、次の放送第3回やそれ以降の展開に多くの示唆を残す出来となっている。

3.5話「小島修平-ゲスの極み記者-」は、圭吾の自殺事件を報ずる週刊誌記者が主人公。今や文春砲が一世を風靡(ふうび)し、週刊誌~テレビのワイドショー~ネットのSNSなど~週刊誌など、ゴシップが循環しながら増殖する状況が出来上がっている。その最初のスクープを作る週刊誌記者の心の闇がチェインストーリーとして描かれている。痛烈なゴシップ・ジャーナリズム批判になっているが、その批判は週刊誌に載ってワイドショーを放送しているテレビ局にも返ってくる。テレビドラマがテレビのワイドショーを事実上批判している点は、かなり興味深い。

他にも5.5話「居酒屋にて-現場教師たちの苦悩-」や6.5話「ある男性教師の受難」などは、圭吾自殺に関わる大人たちの裏の顔が紹介される。多くの大人たちが一見もっともらしい表の顔を見せているが、実際にはその背景に何があるのかを抉(えぐ)り出すチェインストーリーは、これまでのドラマにはない挑戦的な取り組みといえよう。

さらに興味深いのが、4.5話「三人-過ぎ去りし日々-」と7.5話「私の声は届かない」。圭吾の幼馴(な)染・香澄(佐久間由衣)が、これから襲おうと思っている最後の一人への大きな布石となっている。これにより圭吾自殺の本当の理由はどう描かれるのか。はたまた香澄の目の届いていない"心の闇"がまだ残っているのか。物語がどう描かれるのか、いよいよ目が離せなくなってきた。

■放送と配信の有機的関係

放送本編とチェインストーリーというウェブ配信の関係は、初回から7話まで一挙配信でさらに進化した。
チェインストーリー各話は、必ずしも前後の放送本編だけにリンクしていない。例えば1.5話で紹介されたエピソードは、6~7話で深堀されて物語の展開上大きな役割を果たす。全話の一挙配信により、「binge-watch(ビンジ・ウォッチ)」とよばれる一気見が可能になっているが、『明日の約束』に限ってはチェインストーリーと本編との関係も味わえる珍しい機会となっている。

物語はいよいよ終盤。
"この世でいちばん謎が残る死"は、ようやく解明されていく。ただし複数の人々の"心の闇"が重なるようにして展開しているストーリーなので、単純な物語にはきっとならない。
ここで一度、一挙配信をビンジ・ウォッチして、自分なりの仮説と解釈を作っておくと、きっと終盤は何倍にも楽しめるドラマとなるだろう。"摘まみ読み"ならぬ"摘まみ視聴(=良いとこ取り)"でも十分だ。重層的な物語をぜひ楽しんでいただきたい。

現在、「明日の約束」は毎週火曜21時~22時にカンテレ・フジテレビ系ドラマで絶賛放送中。これに合わせて「GYAO!」では、第1話~7話までと、チェインストーリー第1.5話~7.5話までを12月5日19時59分までの期間限定で無料配信中。

【無料配信】各話テレビ放送終了直後から、本編を無料見逃し配信>>

【独占配信】本編に隠れた物語「チェインストーリー」>>


また、過去放送されたカンテレ制作のドラマ「サキ」と「ギルティ 悪魔と契約した女」も無料配信中。

【無料配信】仲間由紀恵 出演ドラマ「サキ」(全11話)>>


【無料配信】「ギルティ 悪魔と契約した女」(全11話)>>


文責:次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ