ここから本文です

漫才コンテスト「M-1グランプリ2017」で3位を獲得した兄弟お笑いコンビ・ミキが、優勝を逃した場合に掲げていた"公約"を実行。兄の昴生(こうせい)は、真っ赤なスプレーで染め上げられた眼鏡姿で、「来年は優勝しかない」と宣言した。

サムネイル

「まだまだ終わらない!M-1グランプリ2017 世界最速ファイナリスト全員集合スペシャル~賞金1000万円贈呈式もあるよ~」(GYAO!)


決勝戦翌日のミキを直撃! 芸名を"人気ないでやんす兄"に改名!? >>


映像配信サービス「GYAO!」ではトークバラエティ「M-1ファンクラブ」を配信中。第15回の配信では、「公約実行スペシャル~ミキ編~」として、決勝戦翌日のミキを直撃した。初の決勝進出で3位という快挙を果たしたミキだが、それでも「兄のメガネを赤にして、さらに芸名を"人気ないでやんす兄"に改名する」という公約は実行されなければならない!

どうやら公約については忘れているようで、番組MCを務めるプロレスラーのスーパー・ササダンゴ・マシンとしばらく和やかに談笑するミキ。しかし、公約について持ち掛けられると、「あっ」と思い出した表情。そして、ササダンゴの手により、昴生のメガネはレンズまで真っ赤なスプレーで染め上げられた――。ただ、さすがに改名は避けたいということで、今後の「M-1ファンクラブ」には、"人気ないでやんす兄"として出演するということで手打ちになった。なお、昴生は嫌がっていても、弟の亜生はノリノリだった。

「M-1グランプリ2017」ファイナリストであるお笑いコンビ・スーパーマラドーナの田中 一彦が登場する一幕もあり、最後にミキは、来年の「M-1グランプリ」への意気込みを語る。真っ赤に染められたメガネをかけた昴生は、「ここまで来たら優勝しかない。先は見えてきたような気がします。このメガネもだんだん見えるようになってきました。来年こそは優勝!」と宣言した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ