ここから本文です

女優・井上真央が主演を務めるドラマ「明日の約束」(カンテレ・フジテレビ系)が、12月19日に最終回を迎えた。主人公・日向が「生きて逃げる勇気を持って」と語りかける長ぜりふに対して、「感動した」という感想が多く寄せられている。

サムネイル

ドラマ「明日の約束」(カンテレ・フジテレビ系列)


【無料配信】「明日の約束」最終回 配信中>>


テレビ放送では描くことが出来なかった短編ドラマ「チェインストーリー」>>

「明日の約束」は、スクールカウンセラーの日向が、不登校の男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の不可解な死の真相を探るヒューマンミステリー。毒親、イジメといった問題と真正面から向き合う骨太なストーリーが話題をよんでいた。

最終回では、日向は前に進むためにも、圭吾の母親である真紀子(仲間由紀恵)にすべてを話そうと自宅を訪ねる。圭吾と真紀子の関係に、自分と母・尚子(手塚理美)の関係を重ね合わせた日向は、自身も幼い頃から母親の愛情に苦しんできたことを告白する――。

話題になっているのは、日向による「私がこの出来事の中で、いま一番許せないと思っている人がいます」というスピーチのシーンだ。「生きて逃げる勇気をもってほしい」と"逃げる"大切さを説いたセリフが胸に響いた視聴者は多かったらしい。
Twitter上には、「号泣した」「これからの人生で思い出したい」「ドラマのメッセージが込められていた」といった声が上がっている。

また、メッセージ性の強い作品で難役を演じきった井上真央を称賛する声も。とくに日向が母親と対峙(たいじ)するシーンでの涙、吹っ切れたような表情は、多くの視聴者の胸を打ったようだ。テレビドラマ復帰作である「明日の約束」でさすがの演技力を発揮して、今後、女優・井上のさらなる活躍が見込まれる。

【無料配信】「明日の約束」最終回 配信中>>

テレビ放送では描くことが出来なかった短編ドラマ「チェインストーリー」>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ