ここから本文です

"ひふみん"こと将棋棋士の加藤一二三・九段、元プロレスラーの天龍源一郎、ギニア出身タレントのオスマン・サンコン。異色の3人が競輪レースの実況に挑戦。珍発言が次々飛び出した。

サムネイル

イメージ画像 自転車競技(写真:アフロ)


ひふみん&天龍源一郎&サンコンの実況! 迷実況に一同爆笑>>


映像配信サービス「GYAO!」で配信中の競輪バラエティ「NO KEIRIN, NO LIFE」では、12月30日に神奈川・平塚競輪場にて開催される「KEIRINグランプリ2017」直前スペシャル企画として、各界の有名人たちが競輪の実況にチャレンジすることに。平塚競輪場のベテラン実況アナウンサー・久保山喜太郎氏によるレクチャーを受けた後、いよいよ3人が過去のビッグレースの映像を見ながら実況に挑んだ。

本人も「何言っているかわからないと思う」と自虐していたが、天龍の滑舌はレースのスピーディな展開についていけるのか!? しかし、選手の名前を間違えてしまうミスはあったものの、後半になると少し慣れてきたのか、なかなか臨場感ある実況ぶりだった。久保山氏からも「最初の実況でこれだけできれば素晴らしい! 動きをうまくとらえられていました」とお墨付きをもらった。

「野生の勘でいく」と宣言していたサンコンは、日本人選手の名前の読みに苦戦。「超えちゃった、超えちゃった」「すごい、すごい!」と大変ざっくりした実況を披露した。そして、不思議発言で知られる加藤九段の実況は......。語り口は軽妙ながら、珍発言を連発。熱がこもるあまり、ヘッドセットが途中でズリ落ちてしまうハプニングもあった。加藤九段の実況後、サンコンは、「涙出るまで笑っちゃった」とコメント。久保山氏も「私も(笑いすぎて)苦しくなってしまいました」と感想を述べた。

【無料配信】「NO KEIRIN, NO LIFE」配信中>>

ひふみん・天龍・サンコンが挑戦!競輪実況グランプリ!(1)>>


ひふみん・天龍・サンコンが挑戦!競輪実況グランプリ!(2)>>


ひふみん・天龍・サンコンが挑戦!競輪実況グランプリ!(3)>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ