ここから本文です

シュートボクシング世界女子フライ級王者にして、そのキュートな笑顔から "ツヨカワ女王"とも呼ばれるRENA。12月31日に行われる「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND」にも参戦予定で、これで3年連続、大晦日(おおみそか)のリングに上がることになる。

サムネイル

大晦日RIZIN出場、シュートボクシング世界女子フライ級王者・RENA


【無料生配信】12月28日(木)の公開計量の様子を生配信>>
試合本編を独占生配信(有料)>>
【対戦カード】(GYAO!)>>

RIZINでの総合格闘技の戦績は4戦4勝。今年10月に行われた「RIZIN バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND ―秋の陣―」では女子選手として初めて大会のメインを張るなど、名実ともに女子格闘界を引っ張るRENAだが、女子格闘技を世間に広めるためテレビ番組にも積極的に出演している。そんなRENAに大晦日の試合への意気込みと、バラエティ番組出演時の秘話を聞いた。

【過去の試合映像】『RIZIN 2015年12月29日「SARABAの宴」』から『RIZIN 2017 秋の陣』まで一挙に配信>>

【過去の試合映像】「RENA vs. アンディ・ウィン」(RIZIN 2017 秋の陣)>>


■忘年会シーズンの減量はつらい?

――大晦日のRIZINに出場するのは、今年で3度目です。意気込みをお願いします。

RENA:「初めて出場した2年前は出番が1試合目で、2回目の去年は女子のメインに選んでいただきました。それで今年は1日に2試合も戦えるトーナメントに出場できるなんて思ってもいませんでした。ありがたいことに、本当に濃い2年間でしたね。練習もタックルなどのレスリングの部分を学ぶことが増えて、常に新鮮で楽しかったです。

大晦日に試合をすることはすごくうれしいんですけど、実はゆっくり過ごしたい気持ちも(笑)。お酒が大好きなので周りが浮かれている忘年会シーズンに減量しないといけないのがつらい(笑)。ありがたいんですけど、そこだけがちょっと......。大晦日で勝って、年明けの新年会と祝勝会を楽しみたいと思います。

減量が終わる計量後に必ず行く焼肉屋さんがあって、そこの上タン塩が私の勝負飯です。ちょっと高いけど分厚くて柔らかくてすごくおいしいんですよ。それを食べ始めた2011年の11月から1度も負けてないんです。

サムネイル
大晦日RIZIN出場、シュートボクシング世界女子フライ級王者・RENA


願掛けで言えば、ジムの近くにある浅草寺にはできるだけ試合当日に行くようにしています。試合後は、『なんとか勝ちました。ありがとうございました』って必ず伝えに行きます。絵馬も昔は書いていたんですけど、書くことが毎回一緒、『勝ちたい』だけなんでやめちゃいました(笑)。

試合に関しては、『青い炎のRENA』を見せたいと思っています。クールだけど、赤よりも熱い青の炎です。試合中は、小さなミスが重大なミスにつながるので、いつも冷静でいるように心がけているんです。激しいラッシュや打ち合いの中でも、ずっと冷静です。ただ、たまにいいのをもらっちゃうと、『このやろー!』ってキレてしまう時はあります(笑)」

■注目の美形対決も本人は「ないないない(笑)」

――練習に臨むときも必ずメイクをするとお聞きしました。その理由は?

RENA:「みだしなみですかね。メイクも髪形もちゃんとしないと、女子として気持ちが入らない。まず、家を出ようって気になりません。せっかくなら楽しい気持ちで練習もしたいんですよ。試合も同じで、楽しく戦わなければ意味がないです。だから試合の時も前髪は絶対に作りますね。メイクが落ちても、前髪があればあんまりバレないんですよ(笑)」

――年末のRIZINでは、アイリーン・リベラ選手との美形対決が注目されていますが?

RENA:「え、私もですか? ないないない(笑)。相手はモデルも務めている方ですよ? さすがにそれはありえないです! でも、女子格闘技が注目されるきっかけになるので、キレイな選手がたくさん出てくるのは単純にうれしいです。最近の若手選手は、特にかわいい子が増えていると思います」

■世間を騒がせた芸人・品川へのハイキック「番組が終わったかと思った」

――RENAさんは女子格闘技を世間に広めるため、たくさんテレビ出演もしています。バラエティ番組で心がけていることはありますか?

RENA:「しゃべらないで映らず終わるよりは、しゃべってカットされた方が良いと思っています。もしかしたら、関西人としての意識が出てしまっているのかもしれない。芸人さんと絡むことも多いので、面白いことやりたいって思っちゃう(笑)」

――罰ゲームの執行役などで、いろんなタレントさんや芸人さんのお尻を蹴っていますが、やりすぎたことはないのですか?

RENA:「本当にたくさんの方のお尻を蹴らせてもらいました(笑)。でもちゃんと加減しているので、大丈夫なはずですよ。もちろんすごく痛いとは思いますが(笑)。
ただ、ある番組で品川庄司の品川祐さんと戦ったことがあって、品川さんは格闘技経験者だから、こっちもガチでやってしまったらハイキックが本気で入っちゃったんです。それは本気で焦りましたね。試合で1回もハイキックで倒したことがなかったので、蹴ったこっちがビックリしました(笑)。それと同時に『あ、この番組ダメだ。お蔵入りだ』って焦りました。品川さんが立ち上がったときは、すごくホッとしました(笑)」

サムネイル
大晦日RIZIN出場、シュートボクシング世界女子フライ級王者・RENA


― 大会概要 ―

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント2nd ROUND/Final ROUND」

2017年12月29日(金)~ 2017年12月31日(日) @さいたまスーパーアリーナ
 ※試合は12月29日、12月31日の2日間
 ※大会期間中は「格闘技EXPO 2017」を開催

※出場予定選手
ミルコ・クロコップ、髙阪剛、五味隆典、那須川天心、RENA、矢地祐介、堀口恭司、石渡伸太郎、砂辺光久、浅倉カンナ、真珠・野沢オークライヤー、ギャビ・ガルシア、神取忍、KINGレイナ、藤田大和 他

なお、映像配信サービス「GYAO!」では、 12月29日(金)、 12月31日(日)の試合本編をインターネット独占生配信する(有料)。生配信では、前回の「RIZIN」配信時と同様、MCにお笑いタレントのユリオカ超特Qとアイドルの小池美由を迎え、 試合直後の選手やRIZINガール、 榊原実行委員長のゲストトーク、 試合の舞台裏など、 会場やテレビ放送では見ることのできない映像も楽しむことができる。また、 特設サイトでは、過去の「RIZIN」試合映像(『RIZIN 2015年12月29日「SARABAの宴」』から『RIZIN 2017 秋の陣』まで)の無料配信や、本試合の前に行われる12月28日(木)の公開計量の様子の無料生配信をおこなう。

◆RENA プロフィール
1991年6月29日生まれ、大阪出身。シュートボクシング/シーザージム所属。
2007年に16歳の若さでプロデビュー。順調にキャリアを重ね、2009年には女子シュートボクシングの祭典『Girls S-cup』で初優勝を飾る。その後も通算4度の優勝を果たし、「絶対王者」「ツヨカワ女王」など、さまざまな異名を持つ。
<座右の銘>笑顔

(取材・文/沢野奈津夫@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ