ここから本文です

1月9日夜9時よりカンテレ・フジテレビ系列でスタートするドラマ「FINAL CUT」(毎週火曜放送)の制作発表会見が都内スタジオで行われ、主演を務めるKAT-TUNの亀梨和也をはじめ、藤木直人、橋本環奈、林遣都、高木雄也(Hey! Say! JUMP)、やついいちろう、杉本哲太、水野美紀が出席した。

サムネイル

亀梨和也 主演ドラマ「FINAL CUT」(毎週火曜 よる9時放送)


【特集】各話テレビ放送終了直後から無料見逃し配信>>
本編に繋がる重要な物語を描く「チェインストーリー」を独占配信>>

主演の亀梨は、活動休止していたKAT-TUNが、元日のジャニーズカウントダウンコンサートで再始動したばかり。この日のあいさつで「KAT-TUNの新たなスタートの年に、このようなキャストの方々と第一歩を踏み出せることを幸せに感じています」と述べると、主題歌「Ask yourself」もKAT-TUNが担当することについて「ドラマに沿った内容でもありますが、歌詞は僕らのグループとリンクしている部分もあります」と感慨深い表情を浮かべていた。

会見ではキャストたちの意外な一面を披露する場面があり、亀梨が橋本に対して「かわいらしいお顔立ちをしていますが、話すとサバサバしている。会話のほとんどが野球やサウナ、おつまみの話でした」と暴露すると、橋本は「ロケバスで着替えるとき、亀梨さんが『おじさん、先にどうぞ』って言ったんです。おじさんって私のことかなって思っちゃいました」と苦笑いを浮かべていた。

そんな亀梨は、やついや高木ら共演者から次々と"格好良い一面"を挙げられていたが、いつも"振り向きざまに話す"ことを茶化されると「また(格好つけていると)勘違いされちゃうじゃないですか」とぼやき節。続けて「(亀梨演じる)慶介という役に入り込んでしまっているんでしょうね。普段からそんな振り向きざまに話したりしません」と語っていたが、スポットCMの撮影時には、自ら"振り向きざま"を披露してサービス精神をみせていた。

サムネイル
亀梨和也 主演ドラマ「FINAL CUT」(毎週火曜 よる9時放送)


本作は、メディアによって女児殺害事件の犯人扱いをされ、死に追いやられた母親の息子が、当時ワイドショーの司会をしていた男やプロデューサーに対して、公開されると人生が終わってしまうほど強烈な映像(=ファイナルカット)を突きつけながら復讐を果たしていく姿を描く。

また、映像配信サービス「GYAO!」では、登場人物の過去や隠された秘密など、テレビ放送では描かれていない物語をドラマ化した"チェインストーリー"を独占無料配信。さらに「GYAO!」およびカンテレが提供する「FINAL CUT」特設サイトでは、各話テレビ放送終了直後から、無料見逃し配信を実施する。

ドラマ「FINAL CUT」は1月9日よりカンテレ・フジテレビ系列にて、午後9時より放送開始。

※高木雄也の「高」は「はしごだか」が正式表記。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ