ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「トドメの接吻」(毎週日曜22時30分~)が、1月7日よりスタートした。タイトルの通り、"キス"が鍵となるストーリー。No.1ホストの主人公・堂島旺太郎役を演じる山崎賢人(※「山崎」の「大」は「立」が正式表記)は、なんと第1話のうちに5回のキスシーンを披露した。

サムネイル

Kento Yamazaki speaks during the stage greeting for the movie Wolf Girl and Black Prince on April 27, 2016, Tokyo, Japan.(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


山崎賢人、濃厚キス連発の新ドラマ「トドメの接吻」>>


堂島旺太郎は、"金の切れ目が縁の切れ目"で女をもてあそぶクズ男。次なるターゲットとして、個人資産100億円ともいわれるホテル王・並樹グループ社長の娘に目を付けた旺太郎の前に、謎の女が現れる。彼女の突然のキスによって命を落とした旺太郎だったが、次の瞬間、見覚えのある7日前の景色の中、意識を取り戻すのだった――。

「トドメの接吻」は、いわゆる"ループもの"と言われるジャンルの物語だろう。旺太郎は、謎のキス女によって何度も死を繰り返しながら、時間をさかのぼって"死のループ"の謎を追う。キスが鍵となるストーリーだけあって、なんと山崎は、約70分の第1話の間に5回ものキスシーンを披露。しかもベッド上で交わされる、なかなか濃厚なキスもあり......。

もちろんTwitter上では、キスシーンの多さが話題に。「最終回までに何回キスするんだ」と注目されている。また、イケメン俳優の多さも評判だ。主演の山崎以外にも、志尊淳に新田真剣佑、菅田将暉、佐野勇斗と注目の若手俳優がめじろ押し。画面にイケメンがいない瞬間がないというほどの勢いで、「目の保養になる」という感想が続々と上がった。番組ハッシュタグを始め、関連ワードがTwitterのトレンド入りを果たす盛り上がりを見せた。

1月14日に放送される第2話では、旺太郎が殺人未遂で逮捕されてしまう。イケメン×キス×タイムリープと盛りだくさんな物語は、さらに加速していくようだ。

【無料配信】「トドメの接吻」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ