ここから本文です

黒柳徹子が、Instagramの楽しさについて語った。コメントなどは結構気にするタイプらしく、「私、ああいうので傷ついちゃうと、すごく傷ついちゃう方なの」と明かした。

サムネイル

February 24, 2005 - News : UNICEF Japanese Goodwill Ambassador Tetsuko Kuroyanagi(写真:ロイター/AFLO)


徹子が「なんか面白いことやって!」と鶴瓶にむちゃぶり>>


徹子は、1月9日深夜放送のテレビ東京系「チマタの噺」で、2016年9月から始めたInstagramについて、「面白い。大好き」「テレビって感想がわからないじゃないですか。あれはすぐわかるじゃない」と楽しげに語った。

ファンから寄せられる温かなコメントは、やはりうれしいものらしい。「(コメントには)傷ついちゃったりするのがない。私、ああいうので傷ついちゃうと、すごく傷ついちゃう方なの」と語り、「悪口言われると、そうかなぁ......と思ってね。ダメなんだ私は......って、ちょっと思ったりしないでもないのよ」と意外と世間の声を気にするタイプであることを明かした。

徹子の「チマタの噺」出演は、番組MCを務める落語家・笑福亭鶴瓶が直々にオファーしたことで実現したものだそう。徹子がマシンガントークを繰り広げて、「なんか面白いことやって!」と鶴瓶にむちゃぶりする一幕もあった。

【無料配信】「チマタの噺」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ