ここから本文です

アイドルグループ・私立恵比寿中学の小林歌穂が初主演を務める連続ドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(テレビ神奈川)が、1月11日にスタートした(毎週木曜よる11時~)。

サムネイル

小林歌穂 初主演「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(毎週木曜よる11時~)


【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料見逃し配信>>

【予告編映像】ドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」>>


テレビ東京系「甲殻不動戦記 ロボサン」や、エビ中の舞台「シアターシュリンプシリーズ」も手掛けた土屋亮一(シベリア少女鉄道)が作・演出を務める、昭和の香り漂う兄妹の義理と人情を描くワンシチュエーションのドタバタコメディだ。エビ中きっての演技派と言われている小林が、ドラマへの思いを語ってくれた。

【無料配信】第1話を配信中>>


■「男はつらいよ」オマージュで、現代の寅さんに?

――ドラマ初主演が決まったときのお気持ちをお聞かせください

小林: 「マネージャーさんから『歌穂、ドラマ決まったよー』って言われた時は、1話だけの脇役だと思っていました。それでいざ話を聞いたら、主役ですっごくビックリしました。私に主演が務まるのか不安でしたけど、せっかくのチャンスなので、できる限りやってみようと思いました。
メンバーに主演の話を伝えたら、『あー、そうなんだー』みたいな感じで、意外にあっさり(笑)。私としては、『そんな感じ? もう少し質問とかしてもいいんだよ?』って思うんですけど(笑)」

サムネイル
小林歌穂 初主演「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(毎週木曜よる11時~)


――「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」はどんなドラマですか?

小林: 「毎回登場人物の誰かが、傍から見たらどうでもいいような小さなことにこだわって、家族や近所の人を振り回すワチャワチャした楽しいドラマです。ケンカになったりもするんですけど、そのケンカのおかげで最終的に家族の絆が強くなっていく。舞台になっているのは、歩くと床がミシミシ音がなる平屋で、全体的に昭和の雰囲気が漂っています。でも、ストーリー自体はすごく現代的。そのギャップが面白いです。

『男はつらいよ』のオマージュがたくさん入っているので、そこも見所です。衣装も寅(とら)さんを意識していて、上着を肩に引っかけて着たり帽子を被ったりしています」

サムネイル
小林歌穂 初主演「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(毎週木曜よる11時~)


――小林さんが演じる町山マチ子はどんなキャラクターですか?

小林: 「寅(とら)さんと一緒でお節介ですね。お兄ちゃん(加藤雅人)に強く当たってしまったり、感情の起伏も激しかったりもします。でも、本当はお兄ちゃんが大好きで、すごくかわいらしい女の子だなって思います。妄想癖があって心配性なところが私と似ているので、撮影が進むうちに、『あれ? 私マチ子なんじゃない?』って感覚になりました(笑)。

私にはお兄ちゃんと妹がいるのですが、昔はお兄ちゃんとよくケンカをしていました。でも最近は、小学4年生の妹とのケンカの方が多いですね。7歳も離れているのに、私のことをなめているんです。私はキノコが食べられないのに、妹は『私はキノコ食べられるしー』とか自慢してくる。私が大人にならなきゃいけないのはわかっているんですけど、もうバチバチ。ドラマと一緒です(笑)」

■セリフを覚えるために「煮干しを食べて部屋をうろうろ」

――エビ中の中でも、小林さんは演技派との評判を良く聞きます。

小林: 「そうなんです(笑)。自分では一生懸命やってるだけなんですけど、たまに言われてビックリします。このドラマの説明を聞きに行ったときも、私のプロフィールに『エビ中きっての演技派!』って書かれていて、『そうなの?』って(笑)。でも、褒めてくれるのはもちろんうれしいです」

サムネイル
小林歌穂 初主演「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(毎週木曜よる11時~)


――セリフが多い役ですけど、覚えるのは得意ですか?

小林: 「全然です。台本10ページ分ぐらいのシーンもあったり、長回しが多くて大変でした。青いペンで書くと良いとか、納豆食べたり煮干し食べたり、部屋をうろうろ歩き回りながらぶつぶつ喋(しゃべ)ったり、寝る前に台本読んで睡眠学習みたいなのもやりました。ネットで調べて出てきたものは全部試してなんとか覚えることができました。

エビ中のメンバーとお芝居をするときは、みんながどんな感じなのかわかっているので楽なんですけど、今回は初めて一緒になる方も多くて、セリフを言うタイミングを掴(つか)むのに苦戦しました。みなさん本当に演技がお上手な方ばかりなので、私みたいな素人が紛れ込んで大丈夫なのかなって心配していたんですけど、アドリブで対応していただいたり、たくさん助けてもらいました。演技中は、舞台でお芝居しているような感覚がありました。誰かがちょっと動きを変えたら、他の人のセリフも少し変わったりするんです。すごく勉強になりました」

■"芝居のスイッチ"はまだ探している最中

――そもそも小林さんは、アイドルと女優どちらを目指して芸能界に入ったのですか?

小林: 「歌手になりたい夢はもともと持っていたのですが、スカウトしていただいたスターダストプロモーションは俳優さんが多い事務所で、漠然と女優さんにも興味を持ちました。それですぐに『チーム大王イカ』っていうユニットを結成することになって、映画『灰色の烏』に出させてもらえることになって、気付いたらエビ中に加入していて、今は主演でドラマをやることになって......。言い方は軽くなっちゃいますけど、すごくラッキー。こんなに運が良くて、今後が不安になりますね(笑)」

――女優とアイドルで、自分のスイッチを切り替えているのでしょうか?

小林: 「お芝居のスイッチはまだ見つけられてないんです......。みなさんどうやって役に入り込んでいるんだろう? 今回のマチ子ちゃん役は素の自分と近いものがあったので、まだ入り込みやすかったんですが、普段はすごく時間がかかる。私は明るいのですが(笑)、『灰色の烏』のときは暗めの役だったから大変でした。ネガティブなことを朝からずっと考えて、自分でテンションをムリヤリ下げて、撮影に臨んでいました」

サムネイル
小林歌穂 初主演「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(毎週木曜よる11時~)


小林: 「アイドルのときは曲に入り込んじゃえば自然とスイッチが入ります。曲の世界に入り込んで、自分で背景とかストーリーを作り込んじゃう。マチ子と同じ妄想癖ですね(笑)。テンションが上がると、歌い方を変えたり、気付いたら変顔をしちゃっていたりするんですが、演技でもそういう風に入り込めるようになりたいです。今後は自分とは全然違うタイプのキャラクターを演じてみたいです」

――今後の目標を教えてください

小林: 「2018年は18歳になるので、もっと自信をつけたいです。今まで支えられてばかりでしたけど、今度は人を支えられるような人になりたい。エビ中としては、ぁぃぁぃ(廣田あいか)が転校(卒業)してしまいましたが、ファンを安心させたい。6人になってもエビ中は変わってないよ、大丈夫だよって伝えたいです」

マチ子、カオリ、クズの3人が登場! 本編では描かれなかったストーリー>>


・・・
町山マチ子(小林歌穂)と兄の町山タモツ(加藤雅人)は、東京下町の古びた一軒家でふたり暮らし。困った人がいたら放っておけない性分のマチ子は、毎度面倒ごとを抱えて奔走する。しかし、たくましすぎる妄想癖から勘違いが発生し、事態はあさっての方向へ......。2018年1月11日(木)よりテレビ神奈川にて放送開始(毎週木曜日23:00~23:30)。放送直後に、映像配信サービス「GYAO!」で見逃し無料配信。


◆小林 歌穂(こばやし・かほ)
2000年6月12日生まれ、埼玉県出身。2014年1月4日、私立恵比寿中学に加入。特技は、ゆるいイラストを描くこと。ニックネームは「ぽーちゃん」
<座右の銘>ありがとう

(取材・文/沢野奈津夫@HEW
(C)2018「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」製作委員会

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ