ここから本文です

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、テレビ東京系「ゴッドタン」の企画の中で、すったもんだの末に髪を失ってしまった......。西野は、「【悲報】キンコン西野、完全にハゲる」「ハンサムを返してくれ」と嘆いている。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】「キンコン西野vs.劇団ひとり完全決着SP」>>


1月13日深夜放送のゴッドタンでは、これまで同番組で何度もぶつかり合ってきた西野とお笑い芸人・劇団ひとりが「完全決着SP」として再びあいまみえた。「ボコボコにしてやるよ!」と息巻く2人は、顔を合わせるなりお互いの服を激しく破き合う。さらに"自分の髪をどれだけ切れるか対決"も行い、西野は地肌の一部が露出した、落ち武者のような髪形になってしまった。

西野は1月14日、「【悲報】キンコン西野、完全にハゲる」というタイトルでブログを更新。「こんなことをして、誰が幸せになるのだろう? 嫌がるオッサン二人が自分の髪の毛を自分で切ることを、世界の誰が求めているのだろう?」と振り返った。そもそもスタッフからも「それマジでやらなくていいやつだから」と言われていた企画だったようだ。

西野は、「ハンサム」を自称した上で、「ただ、それらのハンサムは、髪型の恩恵を受けているということを私はよく知っている。顔面偏差値で勝負しておらず、髪型詐欺で今日のハンサムを勝ち取っている」と謙虚につづる。しかし、収録後に美容院に駆け込んだところ、「一番短い部分に合わせて切らないといけませんね」という「ハンサム死刑宣告」を受けたとのこと。

すっかり丸刈りになった自身の写真をアップして、西野は、「ハンサムを返してくれ。大切に、大切に育てあげてきた私の愛しいハンサムを返してくれ」「漫才にもキチンと支障が出ている。ハゲ頭で登場したらザワつくし、ハゲを隠す為にチャップリンみたいな帽子をかぶって登場しても、それはそれでザワつく。あの日のハンサムを返して欲しい」と嘆いた。

【無料配信】「ゴッドタン」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ