ここから本文です

漫才コンテスト「M-1グランプリ2017」王者のお笑いコンビ・とろサーモンが、優勝賞金1000万円をまだ手にしていないことを明かした。村田秀亮は、「だからこの前、久保田(かずのぶ)に金借りた」と語っている。

サムネイル

とろサーモン、「M-1」賞金1000万円まだもらっていない「貧乏なまま忙しい」


とろサーモン、優勝賞金1000万円ですでに"あるもの"を購入>>


とろサーモンは、1月15日放送の朝日放送「なるみ・岡村の過ぎるTV」にゲスト出演。番組MCを務めるタレント・なるみは、「まさか2人を『スペシャルゲストです、どうぞ』と呼び込む日が来るなんて」と感慨深げにしていた。

優勝によって、「すべてが変わった」とのこと。しかし、久保田かずのぶは、「全部が"ウェルカムドリンク"。まず1杯目。『2杯目につなげるのはどうするの?』っていう」と謙虚に語った。

また、村田は、「まだ(賞金が)入ってきてないんで貧乏なままなんです」「貧乏なまま忙しい」と明かす。なるみが「貧乏なまま忙しいって、一番金ないときやん!」と驚くと、村田は、「金ないです。久保田にお金借りましたもん。お金ないから」と嘆いた。これから「M-1」優勝によるいろいろなギャラが支払われるそうで、久保田は、「2月が"ジャックポット"」とニヤリと笑った。

とろサーモンは、優勝賞金1000万円の使い道についてもトークを繰り広げた。久保田はすでに"あるもの"を購入したらしいが、スタジオ全員からツッコまれていた。

【無料配信】「なるみ・岡村の過ぎるTV」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ