ここから本文です

吉岡里帆主演『きみが心に棲みついた』が、TBSの火曜10時枠でのスタートを切った。
火曜日の10時枠は、大ヒットとなった新垣結衣×星野源の『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年秋)を初め、松たか子×満島ひかり×高橋一生×松田龍平の『カルテット』(17年冬)、波瑠×東出昌大の『あなたのことはそれほど』(17年春)、渡辺直美×要潤の『カンナさーん!』(17年夏)など、中毒性のある話題作が続出する注目枠となっている。
主演の吉岡里帆は、1年前の『カルテット』でも出演し、脇役ながらも存在感のある演技を見せていた。その後『ごめん、愛してる』(17年夏)でヒロイン役を務め、今作で初めて連続ドラマの主演を勝ち取った。

サムネイル

Riho Yoshioka attends a promotional event of Shiseido's "Elixir" in Tokyo, July 20, 2017(Photo by Yoshio Tsunoda/AFLO)


【無料配信】「きみが心に棲みついた」配信中>>


■向井理の加虐性

原作は、天堂きりんの『きみが心に棲みついた』と『きみが心に棲みついたS』の2本の漫画。
タイプの違う2人の男性の間で揺れ動く、弱系女子"キョドコ"の三角関係を描いたストーリーとも思えるが、そう簡単なストーリーではない。

ストーカー・モラハラ・共依存など、危険な男性から逃れられない女性の現実を描いている。
社会問題となっているストーカー被害やモラハラによって、最悪命を落とすことだってあるのに、どうしてそんな危険な異性に惹(ひ)かれてしまうのだろうか。
相手を支配し傷つけることでしか愛せない加害者と、傷つけられることに苦しみ耐えながらも、一時的な優しさに執着してしまう被害者は、お互いに依存し合う"共依存"によって成り立つ、極めて不健全な関係だ。
ドラマの中では、挙動不審の"キョドコ"・小川今日子を吉岡里帆が、体当たりで演じている。優しさと冷徹な面を極端に併せ持つ、星名漣(向井理)に「本当に愛しているなら、キョドコの本気を見せて」と言われ、大学のある部屋でストリップをさせられる。そして、過去には脅迫され、髪の毛を無残にも切り落とされた経験もある。

■挙動不審の吉岡里帆

吉岡里帆の演技にも注目だ。
人とのコミュニケーションがうまく取れず、自分の気持ちを言えず、どもってしまったり、黙ってしまったりしながらも、変わろうともがく今日子の役は単純ではない。そんな難しい役を丁寧に演じている。例えば不安になった時の手の動きや目の動きなど、細部に至る繊細な役作りは、100%全力で立ち向かおうという彼女の意気込みを感じる。

そして今ノリに乗っている吉岡里帆を前面に押し出すようなカメラワークが印象的だ。
ストリップシーン、ブラジャーを肌で感じるなどのウンチク、そして実際に赤いブラを洋服の上から試着するシーンなどは、ファンが萌(も)え立つ"とっておきのサービス"なのだろう。

一方モラ男の星名を演じる向井理の女性ファンも少なくないだろう。
向井理の優しい笑顔が、実は背筋を凍らせる武器になると思った視聴者は、意外に多かっただろう。それは支配されやすい女性が少なくないことを意味している。
そしてもう一人の重要な男・漫画編集長の吉崎幸次郎(桐谷健太)は、「裏表のない、物事をはっきり言うタイプ」に見えるが、天才作家で元恋人の成川映美(中村アン)との過去を引きずっている。
今日子が務める下着メーカーのデザイナー・堀田麻衣子(瀬戸朝香)が主催した合コンで、同席した吉崎に初対面で、今日子の弱点を厳しく批判されるが、逆に今日子は、自分のコンプレックスを言い当てられ「変わりたい!」と好意を抱き、吉崎に交際を求めるが拒否されてしまう。
後に手紙を吉崎の会社に送り、メールアドレスを交換したことで、1日に何十通ものメールを送ってしまう今日子だった。
「だからさ、そういうところが......」と残念な今日子だが、この先変わっていくのだろうか。

ドラマ音楽は、ギタリストでもあり作曲家の出羽良彰が担当している。
自身がギタリストであることから、ポップロック系のギターが登場するサウンドは、作曲家のオリジナリティがあっておもしろい。
"漫画原作""ポップなアレンジの音楽""人気の俳優人揃(ぞろ)い"という要素が揃(そろ)い、シリアスで危険なストーリーを見やすいドラマに変換している。
「毒親」という言葉を一般的に耳にするようになり、社会問題として認識されつつあるが、「モラルハラスメント」も同じ共依存からなるとても危険な関係だ。被害者が深く傷ついたり、死に追いつめられる可能性も十分ある。
このドラマを通して、単なる"危険な三角関係"を楽しむだけではなく、若い女性たちにモラハラという問題の重大さを少しでも理解してくれるきっかけになれば、と切に願う。

【無料配信】「きみが心に棲みついた」配信中>>

コラムニスト:はたじゅんこ
監修:次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ