ここから本文です

1998年に「長い間」が大ヒットし、一躍国民的存在となった沖縄出身のKiroroがデビュー20周年を記念してオリジナルアルバム『アイハベル』を1月24日にリリースする。同時にベストアルバム『キロロのいちばんイイ歌あつめました』(2006年)のリマスター盤も発売。
それぞれ3児の母となり、沖縄と東京を行き来する多忙な生活を送る現在も、あの癒やされる歌声とメロディは健在だ。飾らないありのままの自分たちの"今"を歌に落とし込んだという新作について、そして20年の月日が流れても変わらない関係性について、玉城千春(Vo.)と金城綾乃(Key.)に話を聞いた。

サムネイル

Kiroro、オリジナルアルバム『アイハベル』を1月24日にリリース


【ヒット曲を無料配信】Kiroro ミュージックビデオを歌詞つきで>>

【ミュージックビデオ】歌詞入り 「アニバーサリー」(2018年1月24リリースアルバム・リード曲)>>


■20年前は無我夢中 未来のことは想像していなかった

――メジャーデビュー20周年を迎えて今、感じていらっしゃることを教えていただけますか?

金城: 「Kiroroは20年なんだなぁ」としみじみ思います。レコーディング自体久しぶりでしたが、今もこうやって音楽を続けられていることで、だんだん実感が湧いてきています。

サムネイル
Kiroro、オリジナルアルバム『アイハベル』を1月24日にリリース


――デビュー曲「長い間」が大ヒットして、NHKの「紅白歌合戦」にも出演して、ご結婚も出産もされて。

玉城: そうですね。デビューのタイミングで沖縄から東京に出てきて。

金城: 8年ぐらいダーッと活動してね。

玉城: その間に喉を壊して歌えなくなった時期もあったし。

金城: 結婚して子供が生まれて、さまざまありましたね。

【ミュージックビデオ】歌詞入り「長い間」(1998年リリース・デビュー曲)>>


――デビュー当時は20年後の未来をどんなふうに想像していました?

玉城: 何にも想像できなかったね。無我夢中だったよね。

金城: うん、目の前のことに一生懸命で。ただ「長い間」という曲を届けたい想いだけで、20年後のこととか考えられなかったです(笑)。

玉城: ただ、「聴いてくれた人たちが何十年たっても大切にしてくれるような心に残る曲たちであってほしい。そういう曲を歌っていこうね」っていう話はデビュー当時からしてたんです。なので、自分たちの人生の未来については想像してなかったけど、歌の未来は願っていました。

【ミュージックビデオ】歌詞入り「未来へ」(玉城千春が中学生の時に母宛てに書いた楽曲)>>


■20年前は"青虫"の2人が、美しい蝶(アイハベル)に変身?

――約13年ぶりとなるオリジナルアルバム『アイハベル』のタイトルもデビュー当時のエピソードから付けたものだそうですね。

金城: Kiroroのファーストアルバム(『長い間~キロロの森~』)は白地に青虫2匹がピョンって描かれているジャケットだったんですけど、当時、デザインしてくださったスタッフさんに「キミたちはまだ青虫だな」って言われていて。

玉城: 「これから蝶(ちょう)になるのかな? 蛾(が)になるのかな?」みたいに言われたんです(笑)。20周年記念のアルバムを作る時、「蝶は沖縄の方言だと"ハベル"なんだよね」って言われたんですけど、母に聞いたら蝶も蛾も"ハーベール"って言うらしいんです(笑)。じゃあ、美しいという意味の"アイ"を付けて"アイハベル"にしようと。そこから花と蝶みたいなイメージで今回のジャケットのデザインが生まれたんです。美しい蝶になれてたらいいねって。

金城: 願いです(笑)。

サムネイル
Kiroro、オリジナルアルバム『アイハベル』を1月24日にリリース


――アルバムにはフォーク、ゴスペル、ロック、クラシカルな曲とさまざまな曲が収録されていて、いろいろな経験を重ねていらっしゃったKiroroの優しさに癒やされたり、強さに励まされたり。深みのある作品だと思いました。

玉城&金城: うれしいです~! ありがとうございます!

金城: 久しぶりにがっつり曲作りしたよね。

―― 今のご自身を投影した、最近書き下ろした曲ばかりなんですね。

金城: そうなんです。「花は咲く」(カバー)以外は、一昨年前ぐらいから自分たちが思っていることを曲にして出し合って、1曲、1曲に向き合って作っていきました。

サムネイル
Kiroro、オリジナルアルバム『アイハベル』を1月24日にリリース


――等身大を表現した曲の中で特に今だから書けると思う曲を教えてください。

金城: 子供への思いを歌った「ブランコ」です。愛おしい存在ができたからこそ、生まれてきた感情だと思いますし、時は永遠じゃないので、この一瞬を大事にしようって。

玉城: 最初にできたのが「ブランコ」で。聴いた時に優しさや深さを感じて、私も頑張らなきゃって、刺激されてほかの曲を作っていきました。

金城: そうだったの? 私は「無敵なBig Smile」を聴いた時は自分の気持ちを全部代弁してくれているようで、こういう元気でロックな曲も弾いていて楽しかったです。

サムネイル
Kiroro、オリジナルアルバム『アイハベル』を1月24日にリリース


――リード曲でMVになっている「アニバーサリー」は20周年がテーマ?

玉城: この曲は一緒にツアーを回っているギターの片山くんと曲作りをしたんですが、生きていると悩むことやつらいこともあるけど、そういう気持ちは全部会場に置いていって、帰るときにはハッピーを分けてあげられるようなコンサートにしたいという思いを込めて書きました。タイトルの「アニバーサリー」は最後に付けたんです。歌詞はちょっと遊んでみました。

金城:千春が今までのKiroroの曲のタイトルを歌詞に詰め込んでくれたのでぜひ楽しんでほしいですね。

■久しぶりに会うとおしゃべりが止まらなくなる

【ミュージックビデオ】歌詞入り「Best Friend」(連続テレビ小説「ちゅらさん」主題歌)>>


――ちなみに結成当初から変わらない関係性というと?

玉城: 変わらないのは、「連絡しない時はしない」ことですね(笑)。

金城: あはは。しないんですけど、久しぶりに会うと......

玉城: 長話しちゃう。リハーサルもおしゃべりしている時間の方が多かったり、そこは変わらないですね。まずは話すことから始めるっていう。

金城: コミュニケーションをとって心を一つにしてから練習します。

――変化としては去年からTwitter始められてますよね。

金城: (笑)頑張ります。まだまだ不慣れなんですけど。

玉城: Twitterってドキドキする。どこまで書いていいのかわからなくて、情報解禁前にCDの話を書いちゃって(スタッフに)怒られたり(笑)。綾(あや)もみんながいるところでしかツイートしないんですよ。

金城: そう。何書いたらいいのかわからなくて、みんなに「これでいい?」って確認しています(笑)。

■新成人の方たちの未来を思うだけでワクワク

――最後に「GYAO!」開催の1月7日に行われたデビュー20周年記念スペシャルライブについて教えてください。現在、GYAO!で当日のライブの模様を再配信していますが、新成人30名を招待した当日のライブでは、20年前の大ヒット曲「未来へ」を一緒に歌唱したんですよね。どんなことを感じましたか?

【ライブ映像】Kiroro20周年記念! ヒット曲の歌唱ほか、新成人30名と「未来へ」を合唱>>


玉城: 自分たちのことを振り返ると、私たちの成人式は大雪で、ちょうどデビュー曲「長い間」を発表したときで。そこからすべてが始まったんです、私たち。これからいろいろな経験をするんだなって。

金城: そう思うだけでワクワクしたよね。「これから何が起こるのかな」って夢見ていたから。新成人のみなさんも、ただただ希望にあふれていればいいんじゃないかなって思います。一緒に歌うことは貴重でした。

玉城: そうだね。でも、新成人かぁ。私たち、すごい年とったなって(笑)。

金城: 頑張ってきたんだよ(笑)。アッという間ですね。

玉城: 人生、進んでいくんだね。もう戻れないしね。

金城:ね。でも、素晴らしき人生ですよ。

【ヒット曲を無料配信】Kiroro ミュージックビデオを歌詞つきで>>

〈プロフィール〉
1995年結成。1998年1月21日にリリースしたデビューシングル「長い間」がノンタイアップにもかかわらず、ミリオンヒットを記録。以後、ピュアな楽曲と素朴なキャラクターが人気を集め、「未来へ」「Best Friend」など誰もが口ずさめて長く愛されるヒット曲を多数発表。その楽曲はアジア各国でも数多くカバーされ、中国では女性のカラオケ定番曲として広く浸透している。現在は、沖縄で育児をしながら音楽活動中。2018年1月24日にデビュー20周年を迎え13年ぶりとなるオリジナルアルバム『アイハベル』をリリース。5月12日を皮切りに「Kiroro"アイハベルが舞う"Tour 2018」と題して全国ツアーを開催する。
<座右の銘>玉城千春「無敵なBig Smile」、金城綾乃「当たり前はない」

(取材・文/山本弘子)
(撮影/佐々木淳史)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ