ここから本文です

お笑いコンビ・ゆにばーすの川瀬名人が、芸歴1年目の後輩から「面白くない」と直接言われたことを明かした。さらに後日、彼らは川瀬とのやり取りをトークでネタにしていたらしく、川瀬が不快感をあらわに振り返った。

サムネイル

(C)吉本興業


1年目芸人から「面白くない」と言われ...トラブルのいきさつを語る>>


川瀬は、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトークバラエティ「よしログ」で、後輩芸人とのトラブルについて語った。漫才頂上決定戦「M-1グランプリ2017」で決勝進出する前、劇場の楽屋にいたら、とくに面識のない芸歴1年目の後輩から「ゆにばーすさんの、さっきのネタは全然面白くなかった」と突然言われたらしい。川瀬が「どういうことなん?」と言い返しても、相手は、「誰でもできるネタじゃないですか。今年の優勝はないですね」と言い続けた。

さすがに立腹した川瀬は、「おまえに面白くないと言われたことは一生忘れない。あいさつも二度としなくていいから、あっち行って」と伝えた。すると、相手の相方が近づいてきたのだが、謝ると思いきや、なんと「さっきのゆにばーすさんのネタは、オチ手前のところのボケを変えたほうがいいですね」と言ってきたのだった。コンビそろっての無礼に、川瀬は呆然(ぼうぜん)。周囲もどよめいていたという。

さらに後日、川瀬は、ゆにばーすの出演していないライブで、問題のお笑いコンビが「川瀬さんに『面白くない』と言ってやった」というエピソードを披露していたことを知った。しかし、その後、「オチ手前のボケを変えた方がいい」と言ってきた相手から、「あのときは申し訳ございませんでした。相方も本当にそう思って言ったわけではなく、ゆにばーすさんをコンビとして尊敬しています」という連絡があったそうだ。

川瀬は、「そんなん、あり? 勝手に通り魔的に刺しておいて、『ごめんなさい』って、ありなん? なしやろ」と語る。それでも相手があまりにもわびるので、「先輩としての器が試されている」「許さなくて普通なのに、(許さないと)狭いみたいになる」と思いつつも、対面の場をもうけた。しかし、そこでも驚きの言葉をかけられたそうで、その際のやり取りも明かした。川瀬は、「むちゃくちゃじゃない?」と振り返った。

よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ