ここから本文です

ドキュメンタリードラマ「MASKMEN」(テレビ東京系、毎週金曜深夜0時52分~放送)で俳優・斎藤工が、"人印(ピットイン)"として、本気でお笑い芸人を目指すことを宣言。第2話では、プロデュースを担当するお笑いコンビ・野性爆弾のくっきーが、熱い気持ちをもつ斎藤に応える形で、熱がはいるあまり斎藤を何度も殴りつけた。

サムネイル

Takumi Saito poses for the cameras during a photo call for Las Vegas Sands Corp. on October 4, 2017, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


俳優・斎藤工が渋谷スクランブル交差点前でネタを披露>>


「MASKMEN」では、くっきーによるプロデュースのもと、斎藤が芸人を目指す姿を記録する。1月19日放送の第2話「誕生」では、人印誕生の経緯が明らかになった。くっきーからネタを渡されるも、前衛的な内容に、斎藤は少々困惑している様子だった。立ち居振る舞いの稽古もおこなったが、ボクシングをもとにした動きに苦戦。くっきーが斎藤を何度も叩(たた)き、「気ぃつけぇよ、兄ちゃん。頼むで。キレさすな。遊びちゃうねん。真剣や」と口にする一幕もあるほど、熱血指導がおこなわれた。

しかし、斎藤もかなり熱い気持ちをもって人印のネタに挑んでいるらしい。「これを世の中に届けることが、今、僕の一番大事なことなんじゃないかと魂レベルで感じている」と神妙な面持ちで語った。また、東京・渋谷の路上で自主的にネタを披露するほどの意欲を示した。

1月26日深夜放送の第3話「始動」では、人印が初めてお笑いライブに出演。斎藤は、改めてお笑いの厳しさを感じた。くっきーから「芸人としての基礎が足りない」と指摘されて、ある場所へ向かうのだった――。

これまでテレビ東京は、「山田孝之の東京都北区赤羽」を始めとして、フェイクドキュメンタリーのジャンルで名ドラマを生み出してきた。「MASKMEN」もその系譜かと注目されているが、果たして? くっきーの情熱と、斎藤の情熱がぶつかり合う本作。放送が進むにつれて、2人の狂気も加速していくのかもしれない。

【無料配信】「MASKMEN」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ