ここから本文です

映像配信サービス「GYAO!」で公開中のトークバラエティ「さきどりBose」では、舞台俳優を特集して、国内の舞台シーン事情や、今後ブレークが見込まれる舞台俳優たちを紹介した。

サムネイル

イメージ画像 Background with red velvet curtain and hand. Vector illustration(写真:アフロ)


「2.5次元の圧倒的キング」鈴木拡樹ほか"舞台イケメン"を紹介>>


「さきどりBose」は、スペシャリストたちを招いて、これからはやりそうな話題をヒップホップグループ・スチャダラパーのBoseと楽しみながら先取りする番組。最新回では、「この先大ブレーク間違い無し!舞台イケメン特集」として、演劇ライターでラジオDJの上村由紀子氏がゲスト出演した。

今アツい「舞台イケメン」 とは!?>>


そもそも日本の舞台シーンは今、どうなっているのか? 上村氏は、「舞台とテレビの垣根が昔とちょっと変わってきた」と指摘する。かつては舞台とテレビの間には壁があり、テレビで活躍している人が舞台に出演すると、何かあったのかと見られる場合もあった。しかし、現在は映像で活躍している俳優が舞台にどんどん進出し、むしろ舞台出演が役者としてのステータスになっていると説明した。

実は世界トップクラス!? 日本の演劇界>>


番組後半では、上村氏イチオシの舞台俳優についても紹介。井上芳雄や加藤和樹、吉原光夫といった俳優たちに加えて、2.5次元界からは鈴木拡樹が取り上げられた。上村氏は、「2.5次元は、原作の世界観を背負える方でないとダメなんです。(鈴木は)どんな役でも変幻自在に演じるということで大人気。この方は、"2.5次元の圧倒的キング"です」「女子の夢を一身に背負っている方」と熱弁した。

新たなムーブメント「オールメール」劇団とは>>



(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ