ここから本文です

女優・安藤サクラが、10月1日よりスタートするNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインに決定した。演技力を絶賛されての起用だが、そんな安藤が「第39回日本アカデミー賞」で最優秀主演女優賞を受賞した映画『百円の恋』を、映像配信サービス「GYAO!」では3月8日まで無料配信中だ。

サムネイル

安藤サクラが出演する映画『追憶』(2017年5月撮影)
(c)トレンドニュース


【無料配信】「百円の恋」(R15+)配信中>>


安藤がヒロイン・福子役に決定した「まんぷく」は、インスタントラーメンを生み出した夫婦の物語。制作統括を務める真鍋斎は、キャスティングについて「今回はおよそ40年という主人公の人生を描くことになり、生半可な演技力では太刀打ちできないと思っていたので、なおのこと『いいことを思いついた!』と思いました」と語っており、安藤の演技力を絶賛。視聴者からも「朝から安藤の演技を見られるのか」と期待する声が続々と上がっている。

安藤の演技力、女優魂を堪能できる作品が、2014年に公開された『百円の恋』だ。実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた32歳の一子(安藤サクラ)が、ボクシングを通して、負けっぱなしの人生から這(は)い上がろうとする物語だ。

ボクシングを始める前後での一子の変化は、圧巻の一言。序盤はドロンとした目つきだったのが、試合では、野生動物のように目がギラついている。ボクシングを始めてからは、体形も引き締まっているが、この肉体改造はわずか10日間で行ったというのだから驚きだ。

「第39回日本アカデミー賞」で同映画は、安藤が最優秀主演女優賞を受賞したのに加えて、最優秀脚本賞も受賞。さらに米アカデミー賞における外国語映画賞の日本代表に選出されるなど高い評価を得ており、安藤の代表作のひとつとなっている。

これまで一子のような、一癖ある女性役を演じることが多かった安藤。「まんぷく」で演じる福子は、食べることが大好きな楽天家という役どころらしい。一体どんな演技を見せてくれるのか? 過去作をチェックしながら、今秋からの放送を待ちたい。

【無料配信】「百円の恋」(R15+)配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ