ここから本文です

木村拓哉が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」は、今クール放送のドラマの中でも、トップクラスの注目度を誇る作品だろう。視聴者たちは、劇中のセリフ「誤差なし」をTwitterに投稿して盛り上がっている。

サムネイル

(C)テレビ朝日


【無料配信】"誤差なし"が流行語になる!?「BG~身辺警護人~」配信中>>


木村が演じる主人公・島崎章は、かつて敏腕ボディガードとして働いていたが、ある出来事をきっかけに、工事現場の警備員となっていた。しかし、過去を隠して、民間警備会社の身辺警護課に"新人ボディガード"として着任することに。同じ身辺警護課のメンバーたちと、命を左右する緊迫した状況に丸腰で立ち向かう――。

ドラマの公式Twitterアカウントや視聴者たちは、「誤差なし」という言葉をよくツイートしている。一体これは何かというと、劇中でボディガードたちが互いの腕時計の時刻が合っているか確認するときのセリフ。それぞれがバッと腕を差し出して、「誤差なし!」「誤差なし!」と言い合う姿は、任務の前に円陣を組んでいるようにも見え、胸を熱くさせる。

毎週「誤差なし」のシーンが来ると、Twitterが「誤差なしキター!」と盛り上がる。まるで『天空の城ラピュタ』の「バルス」のように、キャストたちと同じタイミングで「誤差なし」とツイートしようと待機している人々も少なくない様子だ。また、リアルタイムで番組を見ることを「誤差なし」、配信や録画で視聴することを「誤差あり」と呼ぶ視聴者もいて、とにかく「誤差なし」というセリフが愛されているのが伝わってくる。

ドラマ発の流行語といえば、「じぇじぇじぇ」や「倍返し」などが思い出される。「誤差なし」も今後さらに話題になっていくかもしれない。

【無料配信】「BG~身辺警護人~」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ