ここから本文です

"キス"連発の一見キワモノ・ドラマが日本テレビの『トドメの接吻』。
No.1ホストの主人公・堂島旺太郎(源氏名エイト)役を演じる山崎賢人が、門脇麦とキスをするたびに7日前にタイムワープする物語だ。何ともエロ激しい展開が続くが、実はストーリーテリングとして良く練られている。その結果、初めは嫌悪感を抱いた視聴者が続出したが、5話まで進むうちに高く評価する人が急増した。今クールのGP帯(夜7~11時)ドラマの中でも、最もユニークな存在になっている。

サムネイル

1月ドラマの満足度比較


山崎賢人×門脇麦、キス連発に初めは嫌悪感!?>>


■一話完結型vs.連続物語

今クールの高視聴率ドラマは、軒並み一話完結型でかつ問題解決型となっている。
視聴率1位は『99.9-刑事専門弁護士-』。毎話一つの訴訟に決着がつく。2位『BG~身辺警護人~』は、民間警備会社のBGたちが、毎話一つの依頼を全うする物語。そして3位『アンナチュラル』は、法医学者が毎話死因を追究する中で事件が解決していく。
こうしたドラマが高視聴率となりがちなのは、"毎話似た展開で最後に無事解決"することの安心感がある。また、1~2話見逃しても次に戻って来やすい手軽さがある。この意味では、視聴率のために80~90年代にバラエティ番組が急増したのと似た構造がある。

いっぽう連続の物語となっているドラマは、今クールでは一桁続出となっている。
『トドメの接吻』『anone』『隣の家族は青く見える』『きみが心に棲みついた』『海月姫』などである。連続性のある物語なため、「じっくり見たい」「見逃したくない」などの思いから、録画再生にまわりやすくリアルタイム視聴率に反映されにくい。

ところがデータニュース社「テレビウォッチャー」が調べる満足度で見ると、面白い現象が見えてくる。
『99.9』『アンナチュラル』は、松本潤や石原さとみの人気と脚本の出来の良さにより、視聴率だけでなく満足度も高い。『BG』については、木村拓哉に対する反発もあり、視聴率ほどは満足度が高くない。それでも3作とも満足度の値は安定しており、質量ともに支持されたドラマであることがわかる。

いっぽう連続物語のドラマには、面白い傾向がある。
『海月姫』『トドメの接吻』『anone』『きみが心に棲みついた』などは、当初の満足度が極端に低い。いずれも普通でない人々や状況を前提にしているため、取っつきにくいと感じた視聴者が少なくなかったようだ。それでも回を追うごとに満足度の値は上昇している。中でも『トドメの接吻』は、5話で『99.9』や『アンナチュラル』と肩を並べるまでに高くなっていた。
エンジンが温まるのに少々時間がかかっているが、数話を経てようやく視聴者の心を捉えている様子が分かる。

■第6話の概要

沈没事故の証拠のビデオテープを真犯人の尊氏(新田真剣佑)に燃やされてしまった旺太郎(山崎賢人)だが、美尊(新木優子)の心を掴(つか)み尊氏と美尊の婚約披露パーティーの場で派手にキスを交わす。さらに、興信所の根津(岡田義徳)を使い、尊氏の父が裏で手を回し息子の罪をもみ消していたこと、行方不明の自分の父・旺(光石研)が香港にいることを突き止め一路香港へ向かった。
旺は見つからないものの、父が冤罪(えんざい)を証明するビデオテープのコピーを探していたことと、クルーズ船の運営会社を営む長谷部(佐野勇斗)の父が、尊氏の罪のもみ消しに協力していたという新情報を手にいれる。旺太郎は早速長谷部を脅迫し、ビデオテープのコピーを探させる。
しかし帰国した旺太郎を待っていたのは、海で長谷部が亡くなったというニュース。自分の脅迫で気の弱い長谷部が自殺したと責任を感じる旺太郎は、美尊から長谷部が亡くなる前にビデオテープを持っていたと聞き、宰子(門脇麦)のキスでタイムリープをする。しかし何度さかのぼっても、長谷部を助けることができない。
旺太郎は長谷部の死に疑惑を抱く。いっぽう旺太郎に対する気持ちが徐々に変化している宰子は、「同じ時間を繰り返すと元の出来事が抵抗して自分に降りかかってくる」という春海(菅田将暉)の言葉に嫌な予感がし、旺太郎のタイムリープを止めようとする。

ドラマ序盤では、No.1ホスト役の山崎賢人が、偽りの愛で女性を夢中にさせ、金が尽きたらポイ捨てするゲス&クズ男として振る舞った。これらへの反発は少なくなかったようだ。
しかも7日間のタイムリープを何度も繰り返すために、展開が難解で脱落した視聴者もいたようだ。
こうしたエロ激しい展開の中に、実は純粋な動機が隠され、当初の思いをいちずに達成しようとする山崎賢人の姿に、次第に応援の気持ちを強くした視聴者が少なくなかったようだ。
これこそ連続物語の真骨頂といえよう。
一度脱落してしまった人も改めて6話を見直すと、同ドラマの独創性とハート部分の温かさを再認識するのではないだろうか。
制作陣みずから"邪道ラブストーリー"と言っているので分かりにくいが、実は"善悪は糾える縄の如し"という言葉がある通り、邪道ゆえにラブの崇高さが見えるようにできている。ぜひ堪能していただきたい。

【無料配信】「トドメの接吻」配信中>>

※「山崎」の「大」は「立」が正式表記

文責:次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ