ここから本文です

「第41回 日本アカデミー賞」(3月2日に授賞式を開催)優秀主演男優賞に選ばれて、若手実力派トップの呼び声も高い俳優・菅田将暉。彼のデビュー作である特撮ドラマ「仮面ライダーW」(テレビ朝日系)を映像配信サービス「GYAO!」にて配信中。

サムネイル

Masaki Suda smiles at a promotional event KDDI on Friday, February 3, 2017. (写真:つのだよしお/アフロ)


【無料配信】菅田将暉、当時16歳......デビュー作「仮面ライダーW」を配信中>>


2009年秋より放送された「仮面ライダーW」は、シリーズ初の"完全なるW主役"作品。桐山漣が左翔太郎役、菅田将暉がフィリップ役を演じて、探偵コンビとしてW主演した。2人で1人の仮面ライダーという斬新なコンセプトで、翔太郎とフィリップは、仮面ライダーWに合体変身する。

菅田が演じたフィリップは、「あらゆる知識を持つが、ボケた性格の魔少年」という役どころ。フィリップの正体というのが物語後半の鍵となっており、菅田はデビュー作&初主演にして、かなりの難役に挑むこととなった。

現在の菅田はカメレオン俳優と呼ばれ、どんな役でもこなす高い演技力で知られる。その活躍ぶりを知っているからこそ、「仮面ライダーW」での初々しい姿は味わい深いものがある。なんといっても菅田は当時16歳。この少年がいずれ邦画界を代表する俳優の1人へと成長するとは......!

菅田は昨年、8年前に「仮面ライダーW」が放送開始した日である9月6日に「この日だけはなんか思い出す」とTwitterに投稿して話題をよんだ。本人にとっても思い入れの深い1作である「仮面ライダーW」。今振り返って見たいドラマだろう。

【無料配信】「仮面ライダーW」を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ