ここから本文です

お笑いタレント・森三中の黒沢かずこが、中学1年生まで"朝ごはん"の概念を知らずに育ったことを明かした。「周りとそんな話してこなかったから、周りもそうだと思っていた」と語った。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


"激レア"な経験をした人が続々登場>>


テレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」は、"激レア"な経験をした人をゲストに招くトークバラエティ。黒沢は、2月19日放送の同番組に「朝ごはんという概念を中1まで知らずに育っちゃった人」として登場した。

茨城県で食堂喫茶を営む両親のもと、1人っ子として生まれた黒沢。小学生時代はずっと、朝は幼児向けドリンクを1本飲むだけで終わりだったそうで、「両親がパチンコにすごく行っていて、1回パチンコから帰ってきてご飯とかだったので、深夜に食べていたときもある」と当時の家庭環境を明かした。

中学校に進み、朝練ありのソフトボール部に入部しても、黒沢は朝食を知らないままだった。MCを務めるお笑いコンビ・オードリーの若林正恭から「おなか空くでしょ?」とたずねられると、黒沢は、「周りとそんな話してこなかったから、周りもそうだと思っていた。条件が一緒だと思っていた」と語った。

さすがに限界を迎えて友人に「おなか空かない?」と言ったとき、「"朝ごはん"食べてきたから空かないよ」と返されて、中学生の黒沢は「アサ......ゴ......ハン......?」と困惑したそう。「食べ物=性というイメージが強いので、私からすれば、性欲むき出しな人間のわけです」と独特な持論を展開した。

しかし、ついに黒沢も"朝ごはん"が当たり前のものだと知ることになった。番組では、親友による「カズが朝ごはん知らない事件」の証言VTRも放送された。また、黒沢が「"朝ごはん"というものが食べたい」と頼んだときに返された、母親の衝撃の一言も明かされた。

【無料配信】「激レアさんを連れてきた。」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ