ここから本文です

昨年12月に漫才コンテスト「M-1グランプリ2017」で優勝を飾ったお笑いコンビ・とろサーモンの村田秀亮が、優勝直後の忙しさのピークだった時期の、寂しすぎる晩酌について語った。

サムネイル

とろサーモン・村田、M-1優勝直後の「一番ヤバかったとき」振り返る


M-1王者が告白した寂しすぎる晩酌>>


とろサーモン・村田が、映像配信サービス「GYAO!」にて配信中のトークバラエティ「よしログ」に出演。酒好きな村田だが、「M-1グランプリ2017」優勝直後は忙しさのあまり、飲みに行く時間もなく、仕事終わりのタクシーの中で晩酌をしていたことを明かした。「コンビニ寄ってもらって、そこで3本くらい缶ビール買って飲んで、それで運転手さんとたわいもない話をしゃべって。それで家帰って寝るっていう生活をしていました」と王者にしては切なすぎる日々を明かした。

とろサーモン久保田が挨拶ない後輩に......優しさに感動>>


深夜に帰宅し、早朝に起きて仕事に出かける生活を送っていたため、疲れはピークに......。村田は、「忙しすぎて、わけわからなかった。ずっと目の前にうっすら霧かかってるんですよ。なんやこれ、とれへんなって。酒飲むととれた」と「一番ヤバかったとき」について明かした。

とろサーモン優勝の陰にある恩人の存在>>


とろサーモン・久保田、恋人に公開プロポーズ!?


(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ