ここから本文です

"キス"連発&"エロ激しい"日本テレビの『トドメの接吻』。
ホストの主人公・堂島旺太郎(山崎賢人)が、門脇麦とキスをするたびに7日前にタイムリープする物語だ。"エロ激しい展開"と繰り返し時間が戻る複雑な構成のせいか、視聴率はいま一つ伸びていない。あまりにユニークな設定や展開に、気後れした視聴者が続出したようだ。
ところがデータニュース社「テレビウォッチャー」が調べる満足度では、今クールGP帯(夜7~11時)放送の全11本の中では、もっとも上昇の度合いが高くなっている。

サムネイル

『トドメの接吻』の満足度急伸!


【無料配信】「トドメの接吻」最新話を配信中>>


■初回の満足度は最低

「テレビウォッチャー」では、関東2400人のモニターが、自発的に見た番組の満足度を5段階評価で投票している。ドラマの平均は3.6~3.7だが、今クール11本の初回では、『99.9』と『アンナチュラル』の2ドラマだけが平均を上回り、残り9本は全て平均に届かなかった。
両ドラマは視聴率でもトップグループ。松本潤や石原さとみの人気と、脚本の出来の良さが他を寄せ付けない結果となっている。

いっぽう初回の満足度ワースト3で見ると、まず『きみが心に棲みついた』の初回が3.26と、平均を0.4ポイントほど下回った。吉岡里帆が演ずる主人公は、自己評価が低く挙動不審。これに違和感を持った視聴者が少なくなかったようだ。
ワースト2は『海月姫』の3.16。芳根京子の主人公を初め、ぶっ飛んだ"オタク女子"が次々に登場する。彼女らの奇妙な生態に、拒否感を持った視聴者が続出した結果と思われる。
そしてワーストは『トドメの接吻』の3.09。主人公の山崎賢人を初め、志尊淳・菅田将暉・新田真剣佑などイケメンが続々登場する。門脇麦や新木優子も魅力的だ。それでもカネと権力に邁進(まいしん)するNo.1ホスト、しかもキスをきっかけに死のタイムリープを何度も繰り返し、物語の展開が分かりにくかった点などが災いしたようだ。

■一転して満足度急伸

ところが第2話以降、同ドラマは俄然満足度を急伸させ始めた。
初回3.09の後、第2話は3.34。まだかなり低いが初回より0.25押し上げた。そして第3話と4話で3.74と3.76。ここでドラマの平均値を突破してきた。さらに第5話と6話はともに3.87。
第5話までの平均が4.0前後の『99.9』や『アンナチュラル』にはまだ届いていないが、初回からの伸長率125%という実績は、今クール全11ドラマの中で断トツだ。大健闘といえよう。

好成績の要因はいくつかある。
カネと権力に邁進(まいしん)し、女は利用するだけの存在と位置付けているように見えたゲスでクズな主人公・旺太郎(山崎賢人)。実は悲しい過去を持つがゆえの極端な言動であり、実際には純な部分もあることが徐々に見えて来た点が評価を上げている。

「(旺太郎は)確かにクズだけど、宰子を励ましたり陰で見守ったり、優しさもある。優しいセリフの語尾にうっとり」女55歳(満足度3)
「証拠よりも母親を助けるためにキスで時間を戻した主人公は、単なる金に目がくらんだゲスイやつじゃなくて良かった」男35歳(満足度5)
「母親を助けるところが熱い展開」女25歳(満足度5)

"死のタイムリープ"のきっかけとなるキスの力を持つ宰子(門脇麦)。やはり同情に値する過去があり、それゆえに献身姿勢に徹する点が視聴者の共感を集めている。

「門脇麦ちゃんが一途でどんどん可愛く見えてくる不思議なドラマ」男35歳(満足度5)
「とにかく宰子の旺太郎に対しての想いに胸を打たれる」女39歳(満足度5)
「宰子ガンバレ」女40歳(満足度5)
「切なかった。サイコ辛いな」男35歳(満足度5)

タイムリープが繰り返されるために分かりにくかった展開が、回が進むにつれ徐々に状況が見えてきことによる評価もある。

「だんだん展開が読めてきた」男55歳(満足度5)
「最初は筋書きがさっぱり読めず分かりにくかったが、だんだん内容がわかってきて面白くなってきた」女52歳(満足度2)

■今後への期待

第7話では、キスしても生き返らない旺太郎のピンチを救うべく、宰子は並木美尊(新木優子)とキスをしてタイムリープに成功する。ところが皮肉なことに、この後は旺太郎と二人の女性の関係が気をもませる展開になって行く。

「宰子が美尊にキスをしてタイムリープする展開になるとは驚きだった」女39歳(満足度5)
「宰子がキスして過去に戻ってからの美尊の反応も面白かった」男50歳(満足度4)
「美尊のタイムリープで話が厚さをまして面白かった。2人の愛と宰子の愛がどう交錯するのか楽しみ」男39歳(満足度4)

タイムリープの秘密を知っている様子の謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)の存在が、いよいよクローズアップされ始めた。彼の存在も、視聴者の心を捉えて離さない。

「ホームレスが何を意味するのか気になる」女28歳(満足度4)
「すだくんは何者」男48歳(満足度4)
「謎のミュージシャンがさらに謎な行動を起こして、こちらも目が離せない」女39歳(満足度5)

そして一番の関心事は、物語の起点となっている12年前の沈没事故。登場人物が次々に事故に関わっていたことが明らかになって来たが、最後はどんな形で決着するのか、注目が集まる。

「色々なことが12年前の海難事故に絡んでいて、その時の生き残った人間がどう関わってくるのか興味がある」女56歳(満足度4)
「どうなるんだ?」男39歳(満足度5)
「ハマってます」女21歳(満足度5)
「だんだん物語がクライマックスになってきて、事件の真相がわかってきて面白い」女43歳(満足度5)

相変わらずキス連発で"エロ激しさ"は変わらない。それでも、各登場人物の内面が見え始めた。さらに過去の事故が鍵を握ることも見えて来た。
ワクワクどきどきに加え、どう感動がじわじわ高まって行くのか。よくできたジグソーパズルの絵が完成する喜びを、この『トドメの接吻』は与えてくれる予感がある。

【無料配信】「トドメの接吻」最新話を配信中>>

※文中の「山崎」の「大」は「立」が正式表記。

文責:次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ