ここから本文です

"ポスト壇蜜"や"お茶目な壇蜜"として注目を集めているグラビアアイドルの大塚びるが、27歳にしてグラドルデビューを果たした経緯を明かした。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


「ポスト壇蜜」...大人系アンニュイ美女のグラビアポーズ>>


大人な魅力で"ポスト壇蜜"と注目されている大塚が、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトークバラエティ「ぶるぺん」に出演。「"お茶目な壇蜜"って言われています」「『しゃべらなければいいのにね』って言われます。しゃべったらボロが出ちゃうので、黙って読書とかしておけばいいのにって」と気さくに話した。また、グラビアで得意なポーズなども披露した。

27歳美女がグラビアを始めた理由>>


女優やモデルなどもへて、大塚がグラドルとしてデビューしたのは27歳と少々遅め。「前のマネージャーさんに『スタイルいいんだから』ってチヤホヤされて、浮かれモードでやりました」と振り返った。「褒められると調子乗っちゃうタイプ」なので、とくに抵抗はなかったそうだ。

グラドルデビューしてよかったこととして、大塚は、ファン層が広がったと語る。また、「水着がすごく増えました」とも明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ