ここから本文です

亀梨和也が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系列ドラマ「FINAL CUT」(毎週火曜21時~)20分拡大版の第7話で、慶介(亀梨和也)と雪子(栗山千明)の濃厚なキスシーンが話題になっている。映像配信サービス「GYAO!」では最新話に加え、物語につながる特別ドラマ"チェインストーリー"を独占配信中。

サムネイル

亀梨和也 主演ドラマ「FINAL CUT」(毎週火曜 よる9時放送)


【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

亀梨和也&栗山千明が濃厚なキス......「激しすぎるし!」>>


12年前、主人公の慶介(亀梨和也)は、ワイドショー「ザ・プレミアワイド」の情報操作によって、保育園の園長を務めていた母親の早川恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされて失ってしまう。時をへて、幼なじみの野田大地(高木雄也)と共に慶介は、番組関係者と事件の真犯人への復讐計画を企てる――。

真犯人と見られる小河原祥太の情報を聞き出すため、慶介はその妹・雪子に近づいていた。はじめは復讐が目的のはずだったが、いつしか慶介の中で雪子への特別な感情が芽生え始める。それでもその気持ちを抑え込み、慶介は12年前の事件の犯人が祥太だと雪子に突きつけた。

そして今回、事件の決定的な証拠を掴(つか)むため、もう一度その残酷な事実を雪子に突きつける。母親の仇(かたき)、兄が犯罪者である可能性、それでも抱いている恋愛感情...。感情が爆発した慶介は混乱する雪子を押さえつけるようにキスしてしまう。

このキスシーンが実に濃厚。1度は振り払い、ビンタをお見舞いした雪子だったが、気付けば慶介を受け入れ、後はされるがまま......。ネット上では、「激しすぎるし!」「頭に手を回して押さえつけるようなキスとかヤバイ」「なんちゅうエロいキスだよ」などの声が上がった。

第7話では他にも、敵か味方か謎の存在だった高田(佐々木蔵之介)の本性や、慶介と大地の関係性、さらには小河原祥太の生存確認など、物語のキーとなる事実が判明。最終回まで残すところあと2話。「FINALCUT」は、さらに盛り上がりを見せていく。

映像配信サービス「GYAO!」では、物語をつなぐ"チェインストーリー"を独占配信中。こちらはドラマ各話で描かれなかった、登場人物たちの過去、隠された秘密などを映像化したもので、視聴すれば本編のストーリーをより楽しむことができる。第7.5話では、大地の知られざる過去に迫っている。

※高木雄也の「高」は「はしごだか」が正式表記。

【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ