ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「トドメの接吻」(毎週日曜22時30分~)が、3月11日にいよいよ最終回を迎える。視聴者からは、主演を務める山崎賢人と菅田将暉のキスシーンがあるのではないかと予想する声もあるが......!?

サムネイル

Masaki Suda smiles at a promotional event of Japanese telecom company KDDI in Tokyo on Friday, February 3, 2017. (写真:つのだよしお/アフロ)


最後の5分間で衝撃展開が続いた「トドメの接吻」第9話>>


「トドメの接吻」は、主人公の旺太郎(山崎賢人)が、宰子(門脇麦)の"死の接吻"の力によって何度も死とタイムリープを繰り返しながら、金と権力を追い求める物語。3月4日放送の第9話では、旺太郎の秘密を暴こうとする尊氏(新田真剣佑)が宰子を拉致した。宰子を人質にタイムリープの秘密に迫ろうとする尊氏だが――。

最後の5分間で衝撃展開が続いた「トドメの接吻」第9話。おそらく最終話で鍵を握るのは、謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)だろう。ミステリアスな言動で、物語の中でも独特の存在感を発揮していた彼の正体がついに明かされると予告されている。

気になるのは、第9話、宰子が春海とは普通にキスできたところだ。これは春海も何か特殊能力を持っているということかもしれない。最終話に向けて、Twitter上では、視聴者の予想合戦が盛り上がっているが、「春海が自分のキスの力で旺太郎を助ける」という説もある。山崎賢人と菅田将暉のキスシーンとなると、一部の視聴者が大喜びしそうだが、果たしてこの予想は的中するのか!?

3月11日放送の第10話では、旺太郎は死んだ宰子への気持ちを初めて自覚して絶望する。そんな旺太郎の前に現れたのは、春海だった。春海は自分の正体、さらにタイムリープの秘密を明かす。

【無料配信】「トドメの接吻」最新話を配信中>>

(※「山崎」の「大」は「立」が正式表記)
(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ