ここから本文です

お笑いコンビ・にゃんこスターが、「つかみネタがない」「ネタが1本しかない」といった悩みを先輩芸人たちに相談。FUJIWARA・原西孝幸が考案した動きネタは、本当に採用されそうだ。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


FUJIWARA・原西の"つかみネタ"に一同拍手>>


にゃんこスターが、3月2日深夜放送のテレビ朝日系「くりぃむナンチャラ」の企画「芸人相談酒場」にゲスト出演。くりぃむしちゅー、FUJIWARA・原西孝幸、森三中・黒沢かずこ、ザブングル・加藤歩たち先輩芸人に悩みを相談した。

にゃんこスターの悩みは、「登場したときの、つかみネタがない」と「ネタの動きにバリエーションを増やしたい。なかなか、これ(両手の親指を立てて回す)を超える動きがなくて......」というものだった。昨年ブレークを果たすも、まだネタも1本しかなく、芸の幅を広げたいと考えているらしい。

悩めるにゃんこスターに対して、先輩たちは体を張ってアドバイスした。原西は、キレのある動きで、いろいろなアイデアを出す。「僕たち2人は、にゃんこスターです!」という、つかみの動きネタには、他の出演者たちから拍手が送られた。

原西によるネタ中の新しい動きも、「楽しい!」と称賛されたが、もうひとつ、「動きを最小限に封じる」パターンも考案された。アンゴラ村長が実演してみせると、くりぃむしちゅー・有田哲平は、「普通に面白かった! オチがわかっているのに面白い」と絶賛した。

今後、番組で出たアイデアをにゃんこスターが実際にステージで披露することもあるかもしれない。「くりぃむナンチャラ」を見ていれば、いずれ「おっ、あの動きは......」とニヤリとできそうだ。

【無料配信】「くりぃむナンチャラ」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ