ここから本文です

亀梨和也が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系列ドラマ「FINAL CUT」(毎週火曜21時~)第8話で、若葉役を演じる橋本環奈が目を剥いて"闇落ち"するという迫真の演技を見せた。映像配信サービス「GYAO!」では最新話に加え、物語につながる特別ドラマ"チェインストーリー"を独占配信中。

サムネイル

亀梨和也 主演ドラマ「FINAL CUT」(毎週火曜 よる9時放送)


・【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

「可愛いのに怖ええ!」橋本環奈が目を剥いて闇落ちする姿>>


12年前、主人公の慶介(亀梨和也)は、ワイドショー「ザ・プレミアワイド」の情報操作によって、保育園の園長を務めていた母親の早川恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされて失ってしまう。時を経て、幼なじみの野田大地(高木雄也)と共に慶介は、番組関係者と事件の真犯人への報復計画を企てる――。

真犯人と見られる小河原祥太の情報収集のため、慶介はその妹・雪子(栗山千明)と若葉の小河原姉妹に恋人候補として近づいていた。始めは目的達成のため冷静に計画を進める慶介だったが、次第に雪子に本気になってしまう。対する雪子も、慶介の目的と正体が判明したにもかかわらず、恋愛感情を抑えることができない。復讐者と復讐対象の妹という禁断の関係でありながら、2人は一晩をともにしてしまう。

そんな雪子に嫉妬心を燃やすのが若葉だ。若葉は実の兄・祥太の情報を売ってでも、慶介と恋人関係になることを望んでいた。しかし慶介は、若葉を思いやってこれを拒否。この失恋と雪子への嫉妬心で、若葉はわれを失い――。

視聴者の間で話題になっているのは、若葉が祥太とパソコンでやり取りするシーンだ。大きな目を剥き、今までの橋本環奈のイメージにはない恐ろしい表情で、「裏切られた」「嘘つき」「許さない」とキーボードをたたく。そしてラストシーン、慶介を部屋に連れ込んだ若葉の手には、包丁が握られていた......。放送終了後、ネット上では「こんな環奈ちゃん初めて見た!」「可愛いのに怖ええ!」「完全に闇落ちだ!」といった声が上がっていた。

真犯人とされる小河原祥太の正体は?「ザ・プレミアワイド」と慶介のバトルの行方は? そして12年前の事件の真実は? 過去と現在、さまざまな要素が複雑に絡みあう「FINALCUT」は、3月13日に2時間スペシャルで最終回を迎える。

映像配信サービス「GYAO!」では、物語をつなぐ"チェインストーリー"を独占配信中。こちらはドラマ各話で描かれなかった、登場人物たちの過去、隠された秘密などを映像化したもので、視聴すれば本編のストーリーをより楽しむことができる。第8.5話では、「ザ・プレミアワイド」のカリスマキャスター百々瀬塁(藤木直人)の報道理念について触れている。

・【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ