ここから本文です

ピン芸コンテスト「R-1ぐらんぷり2018」で2人それぞれ決勝進出を果たしたお笑いコンビ・霜降り明星が"泣かせる漫才"に挑戦した。

サムネイル

イメージ画像 Theater stage with red curtains and spotlights Theatr ical scene in the light of searchlights(写真:アフロ)


「めっちゃいい!」「こんな漫才があるのか!」見事に泣かせる漫才を成功>>


3月2日、霜降り明星の初冠番組「霜降り明星の涙の数だけ笑わせて」(ABC放送)が放送された。同番組は、霜降り明星の粗品とせいやが、涙に関するさまざまなことに挑戦する"涙バラエティ"。結婚式を控えた新郎の元へ向かった2人は、2週間後に行われる結婚式で"泣かせる漫才"に挑戦することに。

2人は新郎や親族、友人からさまざまなエピソードを集め、漫才作りに励んだ。結婚式当日、「サプライズって仕掛ける側、こんなに緊張するんやな」「俺が泣きそうになってきた」と緊張した様子を見せる2人だったが、見事に泣かせる漫才を成功させた。ネット上では「めっちゃいい!」「こんな漫才があるのか!」という声が上がっており、評判は上々のようだ。

次回放送の予定は現時点では発表されていないが、粗品は、6日に行われた「R-1ぐらんぷり2018」決勝戦に進出して、フリップ芸"ツッコミかるた"を披露。せいやも一度は準決勝で敗れたものの、敗者復活ステージを2位で勝ち上がって決勝進出。コンビそろってファイナリストとなり、注目度が急上昇している。「R-1ぐらんぷり2018」の反響を受けて、今後レギュラー化する可能性もゼロではなさそうだ。

【無料配信】「霜降り明星の涙の数だけ笑わせて」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ