ここから本文です

「あんらぶ気分」は、紺野栞、小島みゆ、うさまりあ、そして今年2月に加入した新メンバー・大塚びるによる現役グラビアアイドルのYouTouberグループ。水着姿でメンバー同士でくすぐりあったり、1人フラッシュモブをしたり、街中で胴上げしたりと、体を張った動画をアップし続けている。メンバーの中から紺野栞、うさまりあ、大塚びるに話を聞いてみた。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 グラビアアイドルによる動画投稿ユニット「あんらぶ気分」)


グラドルが許せる、水着サイズの限界は??>>


■マイナス2℃の琵琶湖に転落

――今まで反響が大きかった動画は、どんなものでしょうか?

紺野:「水着姿のメンバーを延々とくすぐり続けて、くすぐりに耐えられた秒数を計る『くすぐり耐久』は、アップしてすぐに再生回数が3万回を超えたんです! まさかこんなに見られるなんて、驚きました」

うさ:「私たちのチャンネルの登録者数は2400人程度。それまでの再生回数は2000から3000回くらいだったので、水着にならないと再生回数があがらないんだなと(笑)」

――これまでに比べると、10倍以上の人が視聴したんですね。逆に、予想よりも反響がなかった動画はありますか?

紺野:「私がカヌーで転落した動画ですね(笑)。私は滋賀県出身で、学生時代にはよく琵琶湖でカヌーに乗っていたんです。冬に帰省した際、5年ぶりにカヌーに乗ってみたんですが、わずか100m進んで転覆。マイナス2℃の湖に落ちて、低温やけどになりかけました。動画を投稿した当時、ちょうど禁止薬物が混入された事件でカヌーが話題になっていたので、その流れで見てもらえないか期待していたんですが......」

うさ:「すごく体を張ったのにね(笑)。ほかにも、想像以上にショボい結果になったのが、『鎖骨でメントスコーラ』です」

――タイトルだけ聞くと、なんだか危険な響きですが......。どんな動画だったんでしょうか?

うさ:「内容は、小島さんの左右の鎖骨のくぼみにメントスを置いて、私とこんちゃん(※紺野)がコーラを注ぎ入れて(笑)」

紺野:「みゆちゃんの両方の鎖骨から、メントスが『パンッ』と弾け飛ぶことを予想していたんです!」

うさ:「ポップコーンのように! それが、しゅわわわわ~と泡立って終わってしまって(笑)。ただただ、小島さんの体が痒(かゆ)くなっただけでした」

ポスト壇蜜! 大人系アンニュイ美女の大塚びる、得意なグラビアポーズを披露>>


■デビュー直後、「枕営業をあっせんされた」

――メンバー全員がグラビアアイドルとして活動されていますが、仕事で印象的だったことはありますか?

紺野:「昔、所属していた事務所で枕営業をあっせんされたことがあります。当時のマネージャーさんは女性の方で、人気番組を見ては『あの出演者も枕営業している』と言っていました。『紺野は枕営業する覚悟はある? 紺野が脱ぐなら、私も脱ぐ』なんて言われていたのに、デビューしたばかりの私は、いいマネージャーだと思い込んでいました(笑)。もちろん、枕営業はしていませんよ!」

大塚:「私は昨年の1月にグラビアデビューしたばかり。もともとモデルや舞台女優などをやっていましたが、グラビアアイドルを始めてから<ポスト壇蜜>と言われるようになりました。顔を覚えてもらうことも増えたので、これから頑張りたいなと思います」

現役アイドルのウエスト、サバ読みは平均何cm?>>


■「HIKAKINファン、見ろよ!」と心でツッコミ

――あんらぶ気分は、グラビアアイドルでYouTouberのRaMuさんのアンチグループとして活動を始めたんですよね。

紺野:「同じ事務所だし、何しても許してくれるかなと思って(笑)。それと、チャンネル登録者数が16万人いて、うらやましい気持ちと『私たちも4人集まったら、そのくらい登録者数はイケるんじゃないか?』と考えたんです」

うさ:「全然まだ、追いついてもいないっていう(笑)」

――動画のチャンネル登録者数を増やすために、されたことってなんでしょう?

うさ:「YouTouberのHIKAKINさんをはじめ、いろいろな有名人の名前を出しているけど本人は出演していない、いわゆる"釣り動画"を公開したことがあるんです。でも、全然釣れなくて。『HIKAKINファン、見ろよ!』と、心でツッコミを入れていました(笑)」

――動画を見ている人には見透かされてしまっているんでしょうか(笑)。今後、やってみたいことはありますか?

大塚:「私はまだ加入したばかりですが、色々考えていて。HIKAKINさんや、はじめしゃちょーさんといった有名YouTuberが所属するプロダクションのUUUMの中でも、約176万人のチャンネル登録者数を持つ若手グループ・フィッシャーズさんなど、私たちより多い人数で活動している男性グループとコラボしたいと思っています。異性とのコラボって、ファンの嫉妬心を掻(か)き立てそうじゃないですか?」

うさ:「炎上商法! やっちゃう?」

大塚:「炎上は嫌ですけど(笑)、それで何かしらのきっかけをつかめたらと思っています。ほかにも、子供向けのものができたらいいな」

うさ:「それなら、あんらぶ気分の動画は子供も見やすいんじゃない? 谷間が出ているものを除けば(笑)」

紺野:「確かに! 今は男性のファンが8割以上なので、女性ファンも増やしたいです。まだ私たちのチャンネルは登録者数が少ないので、どんどん知名度を上げていけるように面白い動画を発信し続けたいです!」

◆あんらぶ気分
2017年10月にグラビアアイドルの西尾舞生、紺野栞、小島みゆ、うさまりあの4名で結成された動画投稿グループ。2018年1月には西尾が脱退、2月には大塚びるが新メンバーとして加入。シュールだけど思わずクスッと笑える動画を日々更新中。
<座右の銘>紺野栞「自分のことを大事にしなさい」、うさまりあ「人生なんて面倒くさいことをやった人が勝つ」、大塚びる「人生は一度しかないんだから、やりたいことはやっておきなさい」

(取材・文/上西幸江@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ