ここから本文です

DANCE EARTH PARTYが3月14日にリリースするニューシングル「Anuenue」のテーマは"虹"。昨年、開催された「DANCE EARTH FESTIVAL 2017」が雨に見舞われた中、みんなが笑顔で楽しんでいる姿に感動したことがキッカケとなり、ハワイのことわざ「no rain no rainbow」という言葉がキーワードで生まれた新曲。大自然を満喫しながらハワイ島で撮影されたミュージックビデオのエピソードも含め、3人に話を聞いた。

サムネイル

DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


【一挙配信】DANCE EARTH PARTY、これまでのミュージックビデオ>>

【ミュージックビデオ】ハワイ語で"虹" 「Anuenue」>>


■疲れたとき、ネガティブになったときに聴いてほしい(Shizuka)

――シングル「Anuenue」は南国のゆったりした空気とハッピーなバイブレーションが伝わってくる曲です。どんなことがキッカケで生まれた曲ですか?

EXILE USA(以下 USA): 僕らが年に1度開催しているイベント「DANCE EARTH FESTIVAL」が、昨年は初めて雨に見舞われたんです。お客さんのことを考えると開演前は心配だったんですけど、始まったら雨なんか関係なく楽しんでくれて。その光景に感動して「この気持ちを曲に残しておきたいな」ってメンバーと話したことがキッカケです。そこに"雨が降らなければ虹は出ない"というハワイのことわざ"no rain no rainbow"が重なって、雨が降ったからこそみんなの笑顔に出会えたんだと思い、制作にとりかかりました。

サムネイル
DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


――フェスの思い出とハワイのイメージが同時進行で重なっていって?

USA: そうですね。そこから「ハワイの伝統的な楽器を入れたいね」という話になり、向こうで活躍しているアーティスト、EDEN KAIさんにウクレレを弾いてもらったんですけど、ホントに優しい音色で......。雨とも感じられるし、光とも感じられるような。

――ウクレレの癒やされる音と躍動感のあるダンスビートが混ざり合って、これからの季節にピッタリの気持ちいい楽曲になっていますよね。

USA: DANCE EARTH PARTYはいろんな楽曲で踊ってきましたが、生の音が心地よく、体にスーッと入ってきて。オーガニックのフルーツを食べているような感じ(笑)。そういう音色と最先端のダンスミュージックを合わせて心地よく踊りたいなって。トロピカルハウスがちょうどハマりましたね。

サムネイル
DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


Dream Shizuka(以下Shizuka): 止まない雨はないというのはホントにそのとおりで、歌詞に込められたメッセージも素敵なので自分自身、気づかされることもたくさんありました。この曲を歌うたびに元気やパワーをいただいています。
日々悩みはたくさんありますし、落ち込むことも傷つくこともありますが、それさえも楽しめたら怖いものはないのかなと改めて思わせてくれた曲です。レコーディングでは、去年みなさんがフェスで見せてくれた笑顔やポジティブな空気感が浮かんできましたし、聴いてくださる方に少しでもパワーが届いてほしいなという思いで歌いました。心が疲れている時、ネガティブになった時に聴いていただけたらうれしいです。

――USAさんとTETSUYAさんは「Anuenue」の世界をダンスでどんなふうに表現したいと思ったんでしょうか?

サムネイル
DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


EXILE TETSUYA(以下TETSUYA): 2人ともフラダンスを踊ってみたい願望がずっとあったので、今回ミュージックビデオを撮影したハワイ島でフラの先生に「Anuenue」を聴いていただいて、「このワードをフラに変換したらこうなる」ってレクチャーしてもらったんです。そのフラの踊りと僕らがやってきたDANCEをミックスさせて振りを作り込みました。

USA: 写真や映像がない時代に旅人が見た景色や気づきを歌や踊りにして持ち帰って王様や愛する人に捧(ささ)げていたのがハワイのフラのルーツだって聞いて「なんてすてきなんだろう」と思いました。「自分たちもいつか見たことや感じたことを歌や踊りにしてみなさんに伝えられたら最高だな」ってずっと考えていたので、今回のタイミングで濃く抽出したものを形にできたことで、また自分たちの表現する世界が広がりました。

■MVの最後のシーンは本気で虹待ちしています(TETSUYA)

――ハワイで撮影したミュージックビデオは大自然の中、みなさんのすてきな笑顔が溢(あふ)れています。印象的だった場所や出来事はありましたか?

USA: 全体のテーマは"旅"でキメカットはほとんどないんです。自然な感じで旅している僕らの姿を追ったドキュメントタッチの映像になっています。
島ごとパワースポットみたいなところなので、導かれるようにいろんな場所に行って、虹にも出会えたし、火山が噴火している場所を見たり。

TETSUYA: マグマの空洞とか。最後に出てくる滝のシーンは本気で虹待ちしていたんです。ちょっと雲が出てくると「雲よ、どけ~!」みたいなおまじないのポーズしたり(笑)。休暇で遊びに行ったぐらいリラックスした表情で撮れました(笑)。

サムネイル
DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


USA: 唯一、気合い入ったのが4,000m級の山で歌うShizukaちゃんの撮影。

Shizuka:マイナス15度の中、キャミソール1枚の姿で歌いました。途中で心が折れそうになったのですが、お2人が視界に入るところにいて見守ってくださっていたので頑張ろうと思えました。

TETSUYA: こっちはスキーウエア並みに防寒してたけど(笑)。

USA: それ以外のシーンは、ほわっとしていましたよ(笑)。

■落ち込んだときは動きながら考える(USA)

――カップリングには米米CLUBの大ヒット曲「浪漫飛行」のカバーが収録されていますが、この曲をセレクトした理由は?

USA: この曲を聴くと、必ず心が旅したくなる。何年も前から、こういうすてきな曲をダンスしながらカバーさせてもらえたら最高だよねって話していました。

TETSUYA: 荷物ひとつで飛行機に乗って自由に羽ばたきたくなる曲。でも、その旅には寂しさもハッピーもいろんな感情が混ざっているみたいな。いつかカバーしたくて、以前3人でカラオケに行った時に USAさんが「浪漫飛行」を入れて僕がShizukaちゃんに「歌ってみて」ってマイクを渡したり(笑)。

サムネイル
DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


Shizuka: オリジナルの曲のファンの方々にも「DANCE EARTH PARTYのカバーもいいね」と思っていただけるようにと願を込めて、そして大好きな曲なので、尊敬する気持ちを込めて歌いました。原曲の魅力とDANCE EARTH PARTYらしいビートや雰囲気をうまく表現することが出来ていると思うので、ぜひたくさんの方に聴いていただきたいです。偶然にもメッセージが「Anuenue」と共通する部分があり、今、自分たちが伝えたいことはこれだったんだなって。

――ちなみにみなさんは落ち込んだ時、モヤモヤした時はどうやってポジティブな方向にシフトするんですか?

サムネイル
DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


TETSUYA: 僕、寝たら立ち直っちゃうタイプなので嫌なことがあったら早く寝ます(笑)。

Shizuka: 私はけっこう溜(た)め込むタイプなのですが、一度考えることを止めて好きなことに没頭します。

USA: おいしいものを食べに行く(笑)。行きたいところリストや、やりたいことリストを作っているので、そこからチョイスして動きながら考える。そうすると、必要なものが自然とわかるタイミングが必ず来るんです。

サムネイル
DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


――最後に今年もDANCE EARTH FESTIVALを開催するんですよね?

USA: はい。3年目の今年は初の夏開催、夏フェスとなります。自分たちの曲は夏にハマるものが多いので暑い空の下で開放的に踊りたいですね。そして虹を見たい。出なかったら自分たちで水をまいて強引に作る(笑)。

TETSUYA: 出そうもなかったら虹のオブジェ作るかもしれない(笑)。

サムネイル
DANCE EARTH PARTY、ニューシングル「Anuenue」3月14日にリリース


【一挙配信】DANCE EARTH PARTY、これまでのミュージックビデオ>>

・・・
◆DANCE EARTH PARTY プロフィール

「ダンスでアースをハッピーに」をテーマに掲げ、ダンスを通じて社会貢献したいというEXILE USAの思いのもと、2015年にEXILE USA、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaの3人で結成。世界各国の音楽ジャンル、ダンスを取り入れたフリースタイルの活動を展開中。

<座右の銘>EXILE USA「ココロオドッテル?」EXILE TETSUYA「今年はみんなと一緒に虹が見たい」Dream Shizuka「一期一会」

※EXILE USAのUはウムラウト付きが正式表記。

(取材・文/山本弘子)
(撮影/中村好伸)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ