ここから本文です

 お笑い芸人の加藤浩次が現役女子大生たちのリアルに迫る、GYAO!オリジナルバラエティー番組「ニュースな女子大生と加藤浩次」(初回配信:3月27日、毎週火曜更新・全12回)の収録が都内スタジオで行われ、個性豊かな女子大生たちと加藤が議論を交わした。

サムネイル

「ニュースな女子大生と加藤浩次」(初回配信:3月27日、毎週火曜更新・全12回)


女子大生がハマる超高級バイトの実態とは? 最高月収が数十万円>>


 本番組に登場するのは、加藤浩次とミスコンファイナリスト経験者たちで構成される現役女子大生ユニット「キャンパスクイーン」より番組レギュラー総勢18名。現役女子大生たちが、「世の中の気になるニュース」をリサーチしたり、「自身の経験や得意分野など女子大生のリアルな実情」を加藤にプレゼン。テーマについて加藤と議論を交わしながら進行する情報バラエティーだ。

サムネイル
「ニュースな女子大生と加藤浩次」(初回配信:3月27日、毎週火曜更新・全12回)


 第1回のテーマに選ばれたのは、帝京大学4年 高尾美有さんと慶應義塾大学2年 吉川薫さんがプレゼンする「野球場売り子バイトの実態」。現役の売り子として活躍する2人から、いまや倍率が20~30倍、アイドル化される憧れのバイトでありながら、実は過酷で厳しい売り子の世界が語られた。なんとヒエラルキーが存在し、その業界独特なルールに加藤をはじめ、スタジオのメンバーたちも驚きを隠せない様子。そのほか、売り子に受かる選考理由なども話され、売り子になりたい人必見だ。

サムネイル
「ニュースな女子大生と加藤浩次」(初回配信:3月27日、毎週火曜更新・全12回)


 番組収録後に取材に応じた加藤は、娘と世代的に近い女子大生に親しみを感じたようで、「これだけたくさん女性がいたら困るかなと思っていたんだけど、全然そんなことなかった。ジェネレーションギャップは感じなかったですね」とコメント。キャンパスクイーンのメンバーについては「ちゃんとしてるよね。僕らの時代はもっとダメなヤツが多かったですよ。本当に優秀な世代になっているし、僕らの時よりも何十倍も考えているよね」と絶賛。「よくよく考えたら、『オールナイトフジ』の時の女子大生ブームがあったからそのイメージがあったけど、今はまた違った女子大生になっているなと。新たな時代の女子大生ブームが始まる可能性があるのでぜひ見てください」と呼びかけた。

サムネイル
「ニュースな女子大生と加藤浩次」(初回配信:3月27日、毎週火曜更新・全12回)


 一方の女子大生たちも加藤との共演に刺激を受けた様子。中央大学3年の松井まりは、「正直なところ、テレビとかネットで狂犬というニックネームがついていらっしゃったので、だいぶ緊張していたんですけど、そんなことなかった」と語れば、慶応義塾大学4年の結城モエも「加藤さんは博学で、なんでも知っているので。中途半端だったり、生半可なプレゼンではやられてしまう。今度はもっと準備して、話を膨らませたいと思います」と意気込んだ。

【ダイジェスト映像】ニュースな女子大生と加藤浩次>>

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ