ここから本文です

俳優・斎藤工が、覆面に頼らず、素顔でお笑いに挑戦することを決意。お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーと一緒にお笑いライブのステージに立った。

サムネイル

Actor Takumi Saito of Tokyo International Film Festival on 25 Oct 2016. (写真:Motoo Naka/アフロ)


芸人めざす俳優・斎藤工が野性爆弾くっきーとコント披露>>


テレビ東京系「MASKMEN」は、野性爆弾のくっきーによるプロデュースのもと、斎藤がお笑い芸人としての道を歩むドキュメンタリードラマ。斎藤は、覆面芸人"フェイスザチャンス"として渾身のネタでピン芸コンテスト「R-1ぐらんぷり」に挑んだが、あえなく予選1回戦で敗退した。

これまで覆面芸人としてネタを披露してきた斎藤。しかし、交流のあるお笑い芸人・永野からのアドバイスもあり、ついに素顔でお笑いに挑戦することを決意した。3月23日に放送された最終話「芸人」では、斎藤が再びくっきーの元を訪れる。そして斎藤は、「最後にライブをやろうと思います」と思いを告げた――。

斎藤とくっきーは3月1日、都内開催のお笑いライブにシークレットゲストとして出演することになった。そこで2人が披露したコントは、「執事と主人が思い出話をしながら、一緒にチェスをする」というものだった。予想のつかない展開の連続に、観客は爆笑。2人の挑戦は、笑顔で幕を閉じた。しかし、その後、斎藤は東京・渋谷で......。一方、俳優の手塚とおるは川辺で......。

どこからが現実でどこまでが虚構なのか、最後まで視聴者をけむに巻いた「MASKMEN」。果たして"お笑い芸人・斎藤工"を再び見られる日は来るのか? 不思議な余韻が残り続ける、異色のドラマだった。

【無料配信】「MASKMEN」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ