ここから本文です

元AKB48のタレント・松井咲子とタレント・ぺえたちが、SNSについて座談会を繰り広げた。ぺえは、「友達の元アイドルは、『死にたい』のような投稿を頻繁にしている」と証言した。

サムネイル

イメージ画像 Anonymous(写真:アフロ)


芸能人の「裏垢」トーク...元AKB48は?>>


累計100万PVを超える人気漫画を原作とした『SNSポリス』は、「投稿の中身も見ずに『いいね!』を連発する」「読みもしないニュース記事へのリンクを『あとで読む』などのコメントをつけて掲載する」など、SNSにはびこる極悪犯(?)をSNSポリスが取り締まる短編アニメ。

映像配信サービス「GYAO!」にて公開中の特別映像『プロの極意を盗め!? SNSあるある座談会』では、松井、ぺえ、はるな愛たちキャストが"SNSあるある"を語り合った。「ぶっちゃけ芸能人って『裏垢(プライベート用のSNSアカウントのこと)』持ってる?」というトークテーマを受けて、松井は、「私は持っていない!」と明言。周囲から疑いの目を向けられたが、「持っていない」と繰り返した。

松井が「アイドルとかは、流出しちゃったりしますよね」と続けると、はるなは、「なんで(情報が)漏れるんだろうね?」と不思議そうな表情を浮かべた。ぺえは、「鍵とかかけているわけだから、身内が流すんでしょうね。裏切りですよ」と指摘した。

また、ぺえは、「LINEのタイムラインで、友達の芸能人が毎日のように"病む"投稿しているよ。『死にたい』とか」と証言。さすがに名前は出していないが、「元アイドル」とのことだった。

【無料配信】「SNSポリス プロの極意を盗め!? SNSあるある座談会」を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ