ここから本文です

アニメ『ルパン三世 PART5』が、4月3日深夜より日本テレビ系でスタートした。物語の舞台は、現代のデジタル社会となり、ルパンはSNSを通じて世界中の人間から狙われることになってしまう。

サムネイル

原作:モンキー・パンチ cTMS・NTV


【予告編映像】新作『ルパン三世 PART5』>>


【無料配信】新作『ルパン三世 PART5』最新話を配信中>>


前シリーズの放送から約2年。4月より新たに放送開始した『ルパン三世 PART5』の物語は、ある田舎町のアパルトマンの一室から始まる。麻薬や銃など非合法な物まで何でも買える闇のサイト"マルコポーロ"からデジタル通貨を盗み出すため、ルパンたちは厳重に警備されている巨大サーバー施設へ侵入。そこで出会ったのは謎の天才ハッカー少女・アミだった。ルパンはアミとともに、マルコポーロの罠(わな)に立ち向かっていくが、敵が仕掛けた"ルパン・ゲーム"により、全世界から監視されることになる――。

闇サイト、デジタル通貨、ハッカーがキーワードとなり、ルパン一味は、インターネットやモバイル端末などのデジタルガジェットを駆使して敵に立ち向かう。かなり現代的な内容の『ルパン三世 PART5』だが、ルパン・ゲームの設定はとくに驚きだろう。

第1話終盤、ルパンは自撮り棒を持った少年から突然ツーショットを撮影されてしまう。一体何かというと、ネット上で「世紀の大泥棒・ルパン三世をハントせよ」というゲームが話題になっていたのだ。ルパンの顔写真がバラまかれ、まとめブログにも取り上げられる始末。SNSには「これがルパン三世?」「世界一の泥棒笑」など、ルパンに関するつぶやきが続々と投稿されている。

現代的な設定に、Twitter上では、「面白い」と称賛する声が続々と上がっている。内容は現代的でありつつも、"とらわれのヒロインを救う"という王道を踏襲している点も評価されているようだ。果たしてルパン一味は、自分を見張る世界中の人間から逃げ切ることができるのか?

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ