ここから本文です

吉住渉による大ヒットコミック『ママレード・ボーイ』を実写化した映画が、4月27日より公開される。20年以上も前の作品であるため、「名前は知っているけれど......」という人も多そうだ。『ママレード・ボーイ』は、なぜ少女漫画の金字塔となりえたのか?

サムネイル

漫画『ママレード・ボーイ』が20年以上たっても愛される理由
(c)吉住渉/集英社


【劇場予告編】プロモーション映像『ママレード・ボーイ』>>


同漫画の画期的な点といえば、なんといっても"2組の夫婦がそれぞれパートナーを交換して再婚する"という設定だろう。しかもパートナーを入れ替えた夫婦たちは、そのままシェアハウスで同居生活を始めるのだ。物語のヒロイン・光希は、その夫婦1組の娘。両親の再婚によって、いきなり同い年の少年・遊とひとつ屋根の下で暮らすことになる。

サムネイル
桜井日菜子&吉沢 亮 出演映画『ママレード・ボーイ』4月27日(金)公開
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


原作者である吉住渉氏は、この斬新な設定について、「離婚しても仲良い人たちを描いてみたくて。結婚というのは契約なので、その契約が破棄されることもあるわけです。そういう中での家族関係を描くことが面白いというか......」と語っている(実写映画のプレスシートに寄せたコメントより)。ぶっとんだ設定ではあるが、その裏にあるのは、結婚・離婚に対する成熟した目線だ。『ママレード・ボーイ』は、読者の少女たちに、大人同士の人間関係の在り方を提示した作品といえよう。

サムネイル
桜井日菜子&吉沢 亮 出演映画『ママレード・ボーイ』4月27日(金)公開
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


奔放な"両親S(りょうしんズ)"に振り回される娘と息子という構図は笑いを誘い、『ママレード・ボーイ』は、ホームドラマとしても楽しめる。一方で、イケメンとひとつ屋根の下での同居生活という恋愛漫画の王道もきっちり抑えている。また、"遊の出生の謎"も物語の大きなキーワードとなっており、物語終盤で光希と遊が直面する試練と、その中での2人の葛藤には、涙した読者も多いはず。さまざまな要素が見事に絡み合って、『ママレード・ボーイ』という作品を作り上げている。

サムネイル
桜井日菜子&吉沢 亮 出演映画『ママレード・ボーイ』4月27日(金)公開
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


連載終了から20年以上の時を経て、実写化をきっかけに『ママレード・ボーイ』は再び注目を集めている。現代の少女たちにとっても、心に残る作品となることだろう。

サムネイル
桜井日菜子&吉沢 亮 出演映画『ママレード・ボーイ』4月27日(金)公開
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


・・・
甘くてクールな彼と、突然のシェアハウス。トキメキの毎日からはじまった、とまらない恋の、ありえない行方――。
両親たちがパートナーチェンジによって始まったありえない同居生活。ひとつ屋根の下で2人が次第に惹かれあうが、ある日2人の秘密を知ってしまい......。全世代がときめいた最高傑作ラブストーリーが誕生。
出演は、桜井日菜子、吉沢 亮、中山美穂、壇 れい、谷原章介、筒井道隆、佐藤大樹、優希美青ほか。映画『ママレード・ボーイ』は、4月27日(金)公開。

サムネイル
桜井日菜子&吉沢 亮 出演映画『ママレード・ボーイ』4月27日(金)公開
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


【特報】プロモーション映像『ママレード・ボーイ』>>


【無料配信】アニメ『ママレード・ボーイ』配信中>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ