ここから本文です

"ほっしゃん。"ことお笑い芸人の星田英利が、人間ドックに引っかかって心臓の再検査を受けたことを告白。「老化によって心臓の働きが弱まっている」と診断されたことを明かした。

サムネイル

(C)吉本興業


心臓検査で知った真実にほっしゃん動揺>>


星田が、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトークバラエティ「よしログ」に出演。人間ドックに引っかかって心臓の再検査を受けたことを明かした。結果が出る当日、病院にマネージャーが待機していたこと、大病院にもかかわらず院長自ら説明するということから、かなり不安に襲われたらしい。

追突事故で動揺した運転手がほっしゃんに......>>


結果的に異常はなかったが、心臓が老化して、ポンプ機能が弱まっていると診断されたとのこと。だが、とくに対策はないそうで、医師からは「付き合っていかなきゃいけない」と説明を受けたことを明かした。星田は、「それから心臓、痛い。手の施しようが、ないやん。言うたら。悪い意味じゃないけど。何もできない。とりあえず、ずっと付き合っていかなきゃあかん」と嘆いた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ