ここから本文です

坂口健太郎が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系列ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の第3話が、4月24日に放送された。第1話、第2話ではそれほど関係性を持っていなかった坂口健太郎と北村一輝の2人が、ようやくバディらしくなってきた。

サムネイル

ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」4月10日よりスタート(毎週火曜21時~)


【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

【無料配信】「シグナル 長期未解決事件捜査班」最新話を配信中>>


1997年に起きた連続殺人事件を再捜査することになった長期未解決事件捜査班。プロファイラーの三枝健人(坂口健太郎)は、21年前を生きる刑事・大山剛志(北村一輝)と不思議な無線機でやりとりをしたことで、過去が変わったことに気付く。

このドラマのキーとなるのは、現代の三枝と過去の大山をつなぐ無線機。第1話と第2話では、あくまで偶然交信をしていた2人だったが、第3話では三枝が捜査のために意図的に使用するようになった。それによって、SF交じりのヒューマンサスペンスである「シグナル」に、刑事ものの定番であるバディ要素が加わったのだ。お互いを"謎の存在"と捉えながらも、三枝と大山にはある種の連帯感や信頼関係が生まれ始める。

「この不思議なバディ感面白い!」「2人の関係がどうなるのか想像もつかない!」「会ったこともないバディとかヤバイ!」など、ネット上では、異色のバディについての感想が多数上がっている。まだ第3話までしか放送されていない「シグナル」だが、斬新な設定によって、すでにハマっている視聴者も少なくないようだ。

映像配信サービス「GYAO!」にて独占公開される、物語をつなぐ特別ドラマ"チェインストーリー"も大きな見どころのひとつ。第3.5話では、大山に更生された少女・北野みどり(佐久間由衣)に焦点が当たっている。

【特別ドラマ】「シグナル 長期未解決事件捜査班」 チェインストーリー #3.5>>


【スペシャル映像】チェインストーリーとは・・・・・・解説動画>>


【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ