ここから本文です

NHK教育「できるかな」のマスコットキャラクターである"ゴン太くん"が、現在は埼玉県の幼稚園に職員として再就職していることがわかった。園児の保護者たちのアイドルになっているらしい。

サムネイル

イメージ画像 おもちゃで遊ぶ保育士と保育園児(ペイレスイメージズ/アフロ)


ノッポさんの相棒・ゴン太くん、幼稚園で職員として働く姿>>


4月24日放送のテレビ朝日系「ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~」では、懐かしのマスコットたちの現在の姿に迫った。ノッポさんの相棒として長年愛されてきたゴン太くんだが、確かに「できるかな」が1990年に放送終了してからの行方は謎。番組では、放送終了後に処分されかけていたことが明かされた。

さすがに処分は......ということで、生みの親である造形作家・枝常ひろし氏がゴン太くんを持ち帰り、勤め先である短大の図工室にて保管。その後、枝常氏が短大を退職したのにともない、枝常氏の地元である埼玉県内の幼稚園に職員として再就職したらしい。現在は、卒園式や節分、クリスマスなどの行事に合わせた装いで、季節ごとに園児を楽しませる仕事をしている。

しかし、園児たちよりむしろ、保護者世代のアイドルになっている様子。「できるかな」放送終了後も多くの人々に囲まれ愛されているゴン太くんの姿はネット上でも話題になり、「元気そうでなにより」といった声が上がっている。

「ソノサキ」4月24日放送回では、他にも長野五輪の公式マスコットや、せんとくんの行方を追った。ひかりTVのマスコットの猿"ひかりカエサル"は、トラウマ級の進化を遂げていた......!?

【無料配信】「ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ