ここから本文です

GYAO!とJ-WAVE(81.3FM)がコラボレーションしたラジオ番組、『GYAO! CLUB INTIMATE』がオンエア中だ。(毎週金曜日 夜11時~)"インティメイト(親密)"な関係のアーティストとアーティストが紡ぐ音楽トーク番組は、ラジオで<音声>を楽しんだ後、その<映像>は映像配信サービス「GYAO!」にてオンデマンド配信(毎週金曜日夜11時30分~/30日間)で見ることができる。

サムネイル

ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)×津野米咲(赤い公園)『GYAO! CLUB INTIMATE』に登場


第4回目(4月20日、4月27日)のゲストはキュウソネコカミのヤマサキセイヤ(Vo&G.)と赤い公園の津野米咲(G.)。旧知の仲である2人の会話は終始、テンションが高く、まさにインティメイトだからこその本音と毒舌が炸裂!? お互いの第1印象から最後は恋愛トークにまで発展していった。

ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)×津野米咲(赤い公園)、親密なトークを展開>>


【特集】過去出演者アーカイブ映像も配信中「GYAO! CLUB INTIMATE」>>

■セイヤの印象は暗いタイプのザ・関西人(津野)

2人が出会った場所は多くのアーティストたちに愛され、惜しまれながら2014年に閉館したライブハウス、SHIBUYA-AXだった。

津野 「(第1印象は)"暗いほうのザ・関西人"だって」

セイヤ 「はははは。俺、暗いよな」

津野 「めっちゃくちゃ暗い」

セイヤ 「慣れたらめっちゃしゃべんねんけど」

津野 「そうだよね。でも、時間かかったよね」

セイヤ 「俺、最初、ビクターにもスピードスターミュージックにも"どうやって、このバンドと仲良くなったらええんやろう"と思われたらしくて。"フロントマン、こんな暗いの?"って」

津野 「売れる気あんのかよ? って」

セイヤ 「そう。どこともつながろうとせんし、楽屋あいさつに背中バーン押されても行かんみたいな」

津野 「わー。なに、シャイ?」

今ではイベントやフェスで共演するバンドとコミュニケーションをとることの大切さがわかるようになったというセイヤだが、考えすぎてしまう性格とシャイゆえに、ライブを観て良いと思っても直接伝えられないので、感想をSNSでつぶやくことにしているとか。逆にセイヤから見た津野はというと?

セイヤ 「俺、津野ちゃんの第一印象はミュージシャンやで」

津野 「え?」

セイヤ 「津野ちゃんの話を聞くと移動の車内で寝そべってひとりPCで曲作ってるみたいな。顔色悪い時も多いやん。今も酒焼けしてるやん
(笑)。俺の中でザ・バンドの人、みたいな」

津野 「そうかもしれない」

 収録日当日も朝まで飲んでいたため、「さっきまで寝てた」という津野。「ホンマ、ロックバンドっぽいよな」とセイヤに感心されていた。

■今後の赤い公園の動向に踏み込んだトークも

やがて話題はお互いのバンドの話に。2017年に佐藤千明(Vo)が脱退し、新体制で赤い公園は活動を開始。2018年1月に開催されたワンマンライブでは新曲20曲を披露、3人それぞれがボーカルをとり、集まったファンを驚かせたが、番組では今後の赤い公園にセイヤがズバッと切り込む場面も飛び出した。

セイヤ 「しばらくは3人でやるの?」

津野 「でも、ずっと3人でやっていこうって決めてるわけじゃない。心から歌うことが好きってわけじゃないから」

セイヤ 「3人で歌ったって(記事を)俺は見たけど」

津野 「うん。でもドラマーだし、ベーシストだし、ギタリストだし」

セイヤ 「じゃあ、(メンバー)探してはいるの?」

津野 「すごい探してはいないけど」

セイヤ 「いたらぐらいな?」

津野 「絶対残らないと思った3人が残ったから、これからは10人になっても20人になってもいいかなぐらいに思ってる」

セイヤ 「なんかどんな音でも鳴らせそうな感じあるよね。いろんな楽器が入っても津野米咲で音鳴らせそうな気がする」

ちなみに赤い公園とキュウソネコカミは5月3日から5日にわたって、さいたまスーパーアリーナで開催される「VIVA LA ROCK 2018」に出演。津野は、
「3人になってから初めての大きいステージだから、そこで大きな一歩を踏み出そうと思ってます」と予告。何らかの発表があることを匂わせた。

■津野の結婚願望にセイヤが迫る?

番組後半では誰かと一緒に住んだら、楽曲制作ができるかという話題から、
結婚願望の話に移行するという思いがけない流れになった。

セイヤ 「誰かいたら制作できんよね。できる?」

津野 「できないかな。どうだろうな。うっとおしいね。確かに」

セイヤ 「俺、昔、同棲(どうせい)してる時にゴミ箱の上で曲作ってたもん」

津野 「なんで? なんで?」

セイヤ 「けんかとかしてさ」

1度も同棲(どうせい)した経験がないという津野にさらに突っ込む場面も。

セイヤ 「それ初めての同棲(どうせい)が結婚になるかもね」

津野 「結婚とかできると思います? みなさん(笑)」

セイヤ 「結婚願望とかあんの?」

津野 「1回だけお仕事で手相を見てもらったことがあったの。手のひらを見て一瞬で"あなたは結婚しないけど男の子を1人産みます"って」

セイヤ 「(笑)マジか」

津野 「私は自分のこと普通だと思ってるから"えっ?"ってなったんだけど、
メンバー全員が"ああ~"って(笑)」

【特集】過去出演者アーカイブ映像も配信中「GYAO! CLUB INTIMATE」>>

・・・・
今回、紹介したのは2人のトークのほんの一部。全2回にわたりオンエアされた2人のトークは、<映像>でGYAO!にて視聴可能。 今後もさまざまな"インティメイト(親密)"なゲストたちが登場する。

『GYAO! CLUB INTIMATE』
<オンエア・配信情報>
J-WAVE(81.3FM)でのオンエア:毎週金曜日 夜11時~11時30分
GYAO!での配信: 毎週金曜日 夜11時30分配信 (30日間)

■ヤマサキセイヤ
【一覧】キュウソネコカミ ミュージックビデオ配信中>>

キュウソネコカミのフロントマン。メンバー構成はヤマサキ セイヤ(Vo&G)、オカザワ カズマ(G)、カワクボ タクロウ(B)、ヨコタ シンノスケ(Key&Vo)、ソゴウ タイスケ(D)の 5人。2009年12月に大学の同級生を中心に結成。2014年6月にミニアルバム『チェンジ ザ ワールド』でメジャーデビューを果たす。
破天荒なステージパフォーマンスと裏腹に生真面目に活動し、"メガシャキ"CM曲「MEGA SHAKE IT !」が収録されたアルバム『人生はまだまだ続く』がオリコンウィークリーチャート4位を記録した。2018年4月25日にシングル「越えていけ/The band」をリリース。「越えていけ」はNHK Eテレアニメ『メジャーセカンド』のOPテーマとしてオンエア中。

■津野米咲
【一覧】赤い公園ミュージックビデオ配信中>>

赤い公園のギタリスト。高校の軽音楽部で出会ったメンバーで2010年1月に結成。東京・立川BABELを拠点に活動をスタートさせ、自主制作盤「はじめまして」「ブレーメンとあるく」を経て、ミニアルバム「透明なのか黒なのか」でメジャーデビュー。2014年にリリースした2ndアルバム『猛烈リトミック』は日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞。ライブでの演奏力と存在感が注目を集めた。2017年に佐藤千明(vo)が脱退し、現在は津野米咲(G)、藤本ひかり(B)、歌川菜穂(Dr)の3人体制で活動中。2018年1月4日の結成記念日にホームグラウンドの東京・立川BABELにてワンマンライブを開催し、すべて新曲で新たなスタートを切った。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ