ここから本文です

女優・広瀬すずと俳優・福士蒼汰が、5月4日より公開する映画『ラプラスの魔女』をアピールするため、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中の一問一答インタビュー映像「8ピ」に登場。広瀬は、「ライバルは?」という質問に即答してみせた。

サムネイル

広瀬すずと福士蒼汰が出演する映画「ラプラスの魔女」(5月4日公開)


「ライバルは?」広瀬すずが即答した人>>

「8ピ」の中で、広瀬と福士は、『ラプラスの魔女』の撮影で苦労したシーンやお互いの印象、俳優以外になりたかった職業を明かしていった。広瀬と福士は、嵐の櫻井翔と同映画で初共演を果たした。広瀬は、櫻井の印象について、「すごく穏やかで、普通の感覚を持たれた方」とコメントしている。

8秒という短い時間内でのインタビューを、なかなかスムーズにこなしていく2人。「広瀬すずのライバルは?」という質問にも広瀬は、「お姉ちゃん(広瀬アリス)!」と即答してみせたが、すぐに「うそ。意識したことないです」と笑いながら付け加えた。

『ラプラスの魔女』の原作小説は、ベストセラー作家・東野圭吾による「ミステリー史上"もっとも異色な"衝撃作」。連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での"硫化水素中毒死"。そして、驚くべきことに、死亡した2人は知人同士だった。もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば、犯人は未来を予見したことになる。自然現象を操って人を殺せるのか――?

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ