ここから本文です

女優の桜井日奈子が、ヒロイン・小石川光希役を演じた映画『ママレード・ボーイ』について語った。少女漫画の金字塔が原作ということで、かなりのプレッシャーを感じていたらしい。

サムネイル

イメージ画像 Lipstick Kisses on White Shirt(写真:アフロ)


桜井日奈子、初めてのキスシーンを目前にやったことは>>


桜井が、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトークバラエティ「よしログ」に出演した。主演映画『ママレード・ボーイ』に話題が及ぶと、「自信はまったくなかったです。まだ数えるほどしか作品に出ていない中で主演という位置でお話をいただいたのも信じられなかったですし、少女漫画の実写化も初めてなので」と語った。

気になるのは、初めてのキスシーンに挑んだ心境......! 桜井は、「私は口の周りに食べかすとかを結構つけちゃう人間だから、キスシーンに入る前に丁寧に(チェックした)」と清純派のイメージからすると意外な告白をした。

吉住渉による少女漫画を原作とした映画『ママレード・ボーイ』は、4月27日より公開中。それぞれの両親たちがパートナーを入れ替えて再婚した上に同居生活を始めたことにより、ヒロイン・光希は、いきなり同い年の少年・遊(吉沢亮)とひとつ屋根の下で暮らすことになる。次第に惹(ひ)かれあうが、ある日2人の秘密を知ってしまい――。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ