ここから本文です

お笑いタレント・加藤浩次が、「嫌われる女」を自称する女子大生に優しさを示した。「いじめたほうが悪いに決まっているんだから」と熱弁している。

サムネイル

加藤浩次「いじめたほうが悪いに決まっている」......嫌われる女を励ます


痛い女子大生の生態>>


映像配信サービス「GYAO!」にてスタートしたオリジナル番組「ニュースな女子大生と加藤浩次」は、ミスコンファイナリスト経験者たちで構成される現役女子大生ユニット"キャンパスクイーン"より番組レギュラー総勢18名が、気になるニュースを掘り下げてプレゼンする情報バラエティ。第7回では、「痛い女子大生の生態 後編」として、「嫌われる女」を自称する東洋大学の三上珠英瑠さんがプレゼンテーターを務めた。

三上さんは、「トイレで水をかけられた」や「チアリーディング部で、技のとき支えてもらえず落下して骨折した」、「蹴られてプールに落とされそうになった」といった体験談を明かした。その流れで、三上さんが自ら分析した「自分が嫌われる理由」を語ると、加藤は、「理由考えなくていいって。周りが悪いんだって。そこ考えると、いじめているほうが悪くなくなっちゃうから。いじめたほうが悪いに決まっているんだから。そんな理由、考える必要ない」と熱弁した。

話題は自然と、いじめ問題にもつながるような内容に。三上さんが「いじめられる側にも原因があるって、よく言う」と語ると、加藤は、「ないない、そんなのないよ! 何も悪くないよ。泣いていいんだよ」と励ました。もっとも三上さんからは、「いや、泣かないです」と苦笑されてしまったが......。

「男を4人飼育している」......加藤浩次、現役女子大生作家の赤裸々トークに仰天>>


「飼育歴6年の男性がいる」生物的な魅力を熱弁する女子大生作家>>


女子大生がハマる超高級バイトの実態とは? 最高月収が数十万円>>


売り上げがすべて! 売り子バイトとお客さんとの熾烈な戦い>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ