ここから本文です

お笑いコンビ・相席スタートが、番組で共演したタレント・鈴木奈々の立ち振る舞いを絶賛。山添寛は、「『この場が楽しければいい』というのを優先順位の一番上に持ってきている感じがした」と語った。

サムネイル

Model Nana Suzuki seen at International Tokyo Toy Show 2017(写真:Splash/アフロ)


共演者が絶賛した鈴木奈々の立ち振る舞い>>


相席スタートは、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトークバラエティ「よしログ」で、鈴木と共演したときのエピソードを披露した。山添寛は、「芸人全員がリアクション見て、『この人マジでいいな』って好きになった」と振り返り、相方の山崎ケイも「何かの哲学を持ってやっていると思った。気は抜かないとか、表に出る以上は"鈴木奈々"をやるとか。人間は絶対疲れてテンション下がってきちゃうものなのに、あれは考え方でやっているんだろうなと感動した!」と同意した。

収録時間が長くても鈴木は最後まで明るく、しかも収録後も、共演者たちを先にタクシーに乗るよう促す気遣いを見せていたらしい。また、下ネタをコンセプトにした番組だったため、女性出演者はやりづらい部分もあったようだが、鈴木は「全乗っかり」だったとのこと。山添は、「自分のことを考えず、『この場が楽しければいい』というのを優先順位の一番上に持ってきている感じがした。好感しかなかった」と絶賛した。

他にも「よしログ」では、山崎がお笑い芸人・横澤夏子の"女性の品格"を分析するなどした。

※山崎ケイの崎は、正式には「たつさき」。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ