ここから本文です

坂口健太郎が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系列ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の第5話が、5月8日に放送された。今まで謎に包まれていた大山(北村一輝)の過去がついに明かされた。

サムネイル

ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」4月10日よりスタート(毎週火曜21時~)


・【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

【無料配信】「シグナル 長期未解決事件捜査班」最新話を配信中>>


「シグナル」は、2018年を生きる刑事・三枝健人(坂口健太郎)と、過去を生きる刑事・大山剛志が謎の無線機で交信し、未解決事件の真相を明かしていくヒューマンサスペンス。第5話では、大山が2000年に収賄で懲戒免職になり、その後失踪していたことが明らかになった。信じることができない三枝だったが、皮肉なことに調べれば調べるほど、大山の失態が現実味を帯びてきた。

「シグナル」は、生きる時代が違う2人の刑事が、顔も素性もわからないまま力を合わせる、時空を越えたバディもののような形でストーリーが展開している。2人の信頼関係が出来上がってきたタイミングだっただけに、第5話の展開に対して、ネット上では「北村一輝収賄とかマジ!?」「いや、この展開は全く予想してなかった!」など驚きの声があがっている。大山が、三枝から捜査のヒントを得たことにより、過去が変わる展開にも、多くの視聴者が衝撃を受けたことだろう。

映像配信サービス「GYAO!」にて独占公開される、物語をつなぐ特別ドラマ"チェインストーリー"にも注目が集まる。第5.5話では、かつて大山が逮捕した元窃盗犯・工藤雅之(平田満)とその娘・和美(吉川愛)にスポットライトが当たっている。

【特別ドラマ】「シグナル 長期未解決事件捜査班」 チェインストーリー #5.5>>


【スペシャル映像】チェインストーリーとは・・・解説動画>>


・【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ