ここから本文です

お笑い芸人・ひょっこりはんは、"ひょっこりはん"として生まれ育った......? キャラクターを守ろうとするひょっこりはんだったが、共演する芸人たちからツッコミを受けて、たじたじにさせられた。

サムネイル

ひょっこりはん、お笑いコンビ時代の話はNG!? ヒミツ明かされてタジタジ


ひょっこりはんは元コンビでツッコミを担当>>


お笑いコンビ・銀シャリがMCを務める「銀シャリ宮殿」は、映像配信サービス「GYAO!」によるオリジナル番組。女性ゲストを"プリンセス"として毎回招き、彼女たちを喜ばせるための情報VTRやアイテムを披露するトークバラエティだ。

モデル・村田倫子がゲスト出演した回には、ひょっこりはんも登場。番組が開始して5分以上たって、村田が座る椅子の裏から突然現れたが、実は最初から収録に参加していたらしい。確かに見返してみると、さりげなくひょっこりはんが紛れこんでおり、さすがの"ひょっこり"ぶりを見せつけた。

2018年に大ブレークを遂げたひょっこりはん。どうやらコンビで活動していた時代は"隠したい過去"のようで、お笑いトリオ・ジャングルポケットの太田博久から「南部とやっていたときは、全然忙しくなかったのにな」とイジられると、「コンビのときの話は止めてください!」「ひょっこりはんとして生まれて、ひょっこりはんとして育ってきたんで......」と反論した。

しかし、ひな壇からは「しゃべくり漫才のツッコミやっていた」「軟式テニスでインターハイにも出ていたけど、肘を壊して辞めた」といった暴露ネタが次々飛び出した。「(出身地は)滋賀県に近いひょっこり村」と語り、なんとかキャラクターを守ろうとしていたひょっこりはんだが、さすがに「めちゃくちゃ詳しいな!」と驚きの表情だった。

その後、ひょっこりはんが直々にひょっこりはんポーズを伝授。出演者たちがオリジナルのひょっこりはんポーズに挑戦したが、お笑い芸人は照れてしまって、意外とひょっこりはんポーズが苦手な様子。微妙なひょっこりはんポーズがいくつも生まれた......。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ